排卵痛と慢性肩こり

28日前後に来る生理痛、その前に来る排卵痛、どちらかと云えば排卵痛の痛みの方が厳しいと話され来院。

それに、ここ数年間、会社の健康診断でひっかかってしまう心臓、心臓弁の機能低下かもしれないが、治療には及ばず経過観察で様子を見ているとのこと。

 

検査を行ってみると、子宮、卵巣に陽性反応、他のお客様も同様に循環器系で陽性反応、心臓の冠動脈での狭窄陽性反応と臓器の殆どに反応が出る状態。

医療機関では、以前、軽い子宮内膜症と診断されたようです。

 

ここまで書きますと、陽性反応が多過ぎる感じがしますが、慢性の肩こりや疲れが取れない方に多い検査反応とも言えます。

 

臓器検査で、臓器機能低下が出たとしても医療機関の検査では反応が出ない程度のものです。
しかし、心臓の機能低下は、弁と狭窄の違いはありますが反応は同じ。

 

臓器機能の調整と黄体ホルモン、セロトニンの安定調整を数回行って行き、排卵痛と生理痛、PMSの状態も安定、冠動脈の狭窄反応が無くなったので、年末行われる健康診断の結果がどうなるのか、私も知りたいところです。

 

松戸市北小金の整体院、ホルモン調整はこちら