椎間板ヘルニアなどの期間では、

今まで多くの椎間板ヘルニアを施術してきました。
椎間板ですので、ヘルニアと坐骨神経痛の痛みが同時にあらわれる状態や、


検査でも坐骨とヘルニアのふたつが陽性であるとサインが出る。
そのサイン通りの骨盤神経矯正で、徐々に回復方向へと向かって行くわけでありますが、その回復速度も人によってマチマチであり、施術期間中には何度か痛みやシビレが一時的に復活してしまうケースも少なからずあります。
また、ヘルニア坐骨関係では施術間隔が一番のキーポイントであり、重度の不調に対しては、施術開始から間隔を開けての施術は、回復し切れない問題となってしまいます。
また、施術から2?3日後に痛みやシビレが強くなってしまうこと残念がる方もいらっしゃいますが、逆に
1?2日痛みが軽減するのであれば、骨盤神経矯正の効果が期待できているのであり、施術期間を短くすれば回復の余地は十分あり得る。
そのように、今までの施術は短期集中型で回復してきたわけですから。
松戸の整体院・らくだ倶楽部カイロプラクティックオフィス

JN整体スクール