風邪と体調不良の因子

寒さが、一段と厳しくなって来まして、あちらこちらで学級閉鎖の噂を耳にすることが多くなって来ました。

 

風邪をひかれたお客様の施術では、左右どちらかの肺、気管支、脾臓などの臓器の機能低下が診て取れます。

他の臓器も、多少の機能低下は診て取れますが、それほど負担になっていないのが一般です。

 

肩こりや、腰痛、その他の疾患でも、内臓機能の低下が手技検査によって判りますが、医療機関での検査と異なりますので、定期検診で高い数値が出ていなければ、それ程思い詰める程のことはありませんし、 手技検査から診ますと、事前に内臓の機能の低下が判れば、それだけでも安心できる範囲だと思います。

 

この内臓の機能低下の要因は、臓器位置のストレスにありますが、他には東洋医学でもお馴染みの七情によるストレスが、少なからず関係していると思ってます。

 

感情のストレスで内臓機能を低下させる、喜、怒、憂、思、悲、恐、驚の七つの感情。

 

毎日思っている七情、ネガティブな想いは知らずしらずの内に、精神的なストレスを助長し、内臓にもストレスとして蓄積して行くのだと思えば、ネガティブな感情を抑えることで対処できると思います。

 

松戸・北小金駅徒歩2分の内臓矯正を行う整体院はこちら