腰痛と子宮筋腫

女性の過半数の腰痛、背中の張りのお客様の中に、過去や現在、子宮筋腫の治療を受けた方が見受けられます。

筋腫の大きさ、個人差によっても、痛みや不快感に差があります。

 

医療機関から、腰痛の原因は筋腫ではないと話をされたお客様も数多く居られますが、本当のといころは判断が付きにくいと思います。

 

腰痛の原因が筋腫の場合は、一般的な内臓手技検査で陰性が出ますし、他の臓器にも機能低下が存在することが多いので、ホルモンバランスを調整しながら、他臓器の機能回復と神経調整に努めます。

 

医療機関では投薬が主流ですが、カイロプラクティック・手技療法は当たり前ではありますが薬は使いません。

 

医療機関の検査で陽性が出れば瞬時に判断できますが、それ以前の微妙な程の多臓器変化に対応するわけですから、筋腫による腰痛の場合は、個人差にもよりますが改善期間はかかってしまいます。

 

松戸・北小金のオステオパシー、整体院はこちら