人の身体は、様々な事を教えてくれる

今月から、御年85歳になる母親の施術を、昼休みの空き時間を利用し実家で行ってます。

 

年々、衰える体ですが、定期健診で骨密度の低下と、長年胃腸の具合が思わしくなく、服用しているにもかかわらず、毎年再々検査に引っかかる上に、腰が曲がってしまってカート歩行でやっと歩ける状態が痛々しく、少し楽になればと思い声をかけてみました。

 

骨密度も然ることながら、本人の希望で骨盤矯正を省き、頭蓋の矯正で骨格と骨盤、内臓頭を調整することにしました。

 

頭蓋をいろいろ触って気が付いたことは、長年苦しんでいた胃腸関係、胃腸薬を服用し続けているにもかかわらず回復しなかった理由、弱かった胃腸の関係が解ったこと。

 

右側の臓器が、肺からすべて微妙に下垂して子宮まで横ズレ状態。

これでは、幾らバツグンの効果がある薬でも効く筈もなし。

 

虚弱の人と同じで、臓器の全体バランスが壊れると体調が優れないことと一緒です。

今まで、施術をしていて、臓器が適切な場所にある方を見たことがありません。

 

臓器が、下垂してるなら元の位置に戻せば、内臓は回復するわけですから、先ずは数回の内臓矯正を頭で調整することにしました。

 

体力も落ちてますので、とりあえず心臓下垂を調整したら、何となく目が輝き出しました。

 

80歳にして、女性ホルモンのエストロゲンを調整後、見事にシワシワの顔に張りが出てきて、これにはさすがに驚きでした。

化粧費が節約できますね。

 

問題点は、内臓もそうですが頭蓋の方で、縫合の固着がいたるところにあり、第一呼吸のインパルスも骨によってもバラバラ。

 

長年生きてきたのですから、内臓や頭に不具合の兆候が表れるのは普通です。

臓器の一部が弱って、肩こり腰痛が出るのと一緒ですね。

 

頭に触れると、母親も第一頭位だったのかと前頭骨や側頭骨、蝶形骨の微調整。

 

初めは、曲がった腰も真直ぐ伸びても数分間でしたが、最近は一日くらい保っているようで、しかも胃腸薬の方も数十年も処方されて来た量も少なくなって、主治医の先生も鼻高々だったようです。

 

長年、薬を処方され続け、回復度が一進一退がつづいて居たということは、胃腸に根本的な問題が存在していたわけではなく、他の臓器に問題があることなので、現に心臓と胆のう周辺の臓器細胞を調整したら、胃腸が回復したわけですから、本丸の臓器はそっちだったのでしょう。

 

胃腸回復の手柄は、主治医の先生にすべて譲りますが、そんなことよりも、元気になりつつある母親の笑顔が見られて、そっちの方が私としては何倍も幸せなことです。

 

北小金駅徒歩2分のカイロププラクティック整体院はこちら