腰痛、便秘と乳酸菌

主訴が腰痛、副訴に疲労感、精神的ストレス、便秘などがあるものの、内臓反射では腸がゴロゴロと鳴り腹鳴のようでした。

 

腸全体では、盲腸と下降結腸、S字結腸の硬化が診られ、他臓器により腸全体が圧迫されているような状況でした。

 

通常なら、全体の内臓を整え軽く骨盤矯正を行えば短期間に腰痛と便秘は解消されるのですが、側頭骨のパルスが感じられない状態が続きました。

 

その後、骨盤矯正を一旦中止し、頭蓋矯正で内臓と筋膜を調整したら腰痛は改善したのですが、便秘は解消されないままでした。

 

毎回気になっていたお腹のゴロゴロした音。

腸内環境が悪く腹鳴しているのかと感じ、一つひとつ摂取しているサプリや服用している薬の種類を聞いたところ、引っかかる一つの乳酸菌が浮上しました。

 

初診の問診時に聴くべきことを、怠っていた為に乳酸菌の種類まで考えが及ばず、内臓を重視してしまった私の落ち度だったのです。

そして、お腹のゴロゴロ音は、痙攣性便秘かも知れないと、あとになって気づいた情けなさ・・・。

 

コレステロール値が高目で、ダイエットや便秘に効果のある水溶性食物繊維のデキストリン。

一般的に、デキストリンはコレステロールも下がり便秘にも効果がある訳ですが、痙攣性の便秘には注意が必要なわけで、稀に排便がし辛くなることもあるようです。

 

お客さまには、デキストリンを中断していただき、あらためて一週間後来ていただきました。

 

その後、腰痛はすっかり解消され、便秘は完全に解消されていないようですが、そこそこ順調になって来たと話されておりました。

 

来院の度、解毒矯正を行いながら胃腸の環境を整え、ご自分で出来る簡単な内臓調整をお話しし、次回は三週間後のご予約ですが、改善されていたら卒業だと思います。

 

松戸市の内臓矯正、頭蓋矯正なら、こちらのカイロプラクティック整体院