脇の下の痛みから

親類から、脇の下の痛みが消えないとの電話があったので、仕事帰りに寄ってもらいました。

 

数日前の昼ごろから、脇の下に違和感が出始め、夜にはかなり痛くなり、二の腕のツッパリ感と小指もしびれ出し、病院を受診したようでした。

 

肘に皮膚炎があることから、リンパの抗菌剤を処方されたようで、二日間服用しても痛みが消えず、脇の下を触ると強い痛みがあり、腫れぼったい感じが引かないと話してました。

 

上腕二頭筋あたりの感じがもするし、腋窩周辺の痛みの方は肩こりや精神的ストレスの人も多いですし、リンパとか、小指が痺れるなら尺骨神経の痛みなのかとも考えられるし・・・、とりあえず頭を触ってみると、重いし、硬いしで、かなりの内臓お疲れ状態でした。

 

内臓の機能低下や他の疾患の時は、必ず頭の骨にサインが出るのですが、骨盤矯正は行わず数分間の頭蓋調整で終了。

 

その場で、「痛み、ぜんぜん引かないですけど・・・」と、身内には厳しいお言葉。

頭が重く、脳圧が上がり過ぎているのにもかかわらず、一度の調整で完治なんて・・・、その状態で済んでラッキーと思わないとね。

 

一晩寝て、明日痛みが変化したらメールするように伝えると、翌日脇の下の痛みが半減、小指のシビレは変わらずのようでしたが、徐々に感じなくなって来るものと思います。

 

頭の重さ硬さを放置しますと、将来健康体を維持することは難しくなって来ますので、時間があるならば調整しておいた方が無難だと思います。