万病の元は脳圧にも関係する!?

「風邪は万病の元」といわれてますが、頭の固さと重さも万病のもとだと思ってます。

 

脳内には、数多くの神経伝達物質と中枢神経系のネットワークがありますので、長年の骨格の歪みで脳に圧がかかりますと、身体のどこかに何らかの違和感、痛みやしびれとなって表れてきます。

 

人それぞれ違和感には違いがありますが、頭痛だったり、腰痛とか肩こりや腸閉塞、殆どの疾患が、脳圧からくる脳神経の勘違いや脳内の髄液循環の遅さです。

 

この誤作動で、内臓機能と連動して脳圧との因果関係によって、肩の筋肉の柔軟性が奪われ肩こりになったり、腰も痛みに発展するわけです。

 

肩こりも、肩周辺の筋肉をマッサージすると楽になる方も多いでしょう。
その楽な肩も、だんだんと日を追うごとにまた凝って来てしまう。
肩周辺の筋肉がこり始めるというよりは、内臓のどこかの働きが落ちて、脳圧が高くなっている証拠です。

 

長年、脳圧が高いままですと、脳神経の圧迫で、晩年物忘れが多くなり、その延長が痴呆のようですが、最近では小学生のお子さんにも肩こりの方がおられますが、皆さん脳圧が高くなっているのが判ります。

 

松戸市小金の内臓矯正、頭蓋矯正ならこちらの施術院まで