「流山おおたかの森」路上で簡易検査

流山おおたかの森の書店内で、以前お越しになっていたお客様(母娘)と偶然再開しました。

 

お客様との偶然の遭遇は、今までも時々ありまして、地元の小金はもちろんですが、新松戸や千葉ニュータウンのガソリンスタンド、柏の葉ショッピングセンターなど数え切れませんが、その殆どは嫁さんから声をかけ、その場にちょっとしたふんわり感が生まれます。

 

京都駅地下街で、お客様と遭遇した時は、あまりの偶然さに運命を感じてしまいました。

 

お客様から「私のこと覚えてますか?」と言われ、もう十年位前に来られた記憶を巻き戻しながら「お顔は覚えてます」とだけ話し、静かな店内から一端外に出ることにしました。

 

娘さんの体調のことについて話が及び、部活動でときどき出る腰痛とかなり辛そうな生理痛、偏頭痛の対処法を聞かれ、病院ではホルモンバランスが一定にならないと言われ、投薬しても一進一退のようだったので、こちらのわかる範囲で答えました。

 

娘さんの両腕を、洋服の上から軽くつかみ脳呼吸診ると一定しておらず、頭の所要部位を軽く触れてみると、腎臓と肝臓も本来の働きがない感じで、仮説をたてながら生理不順と腰痛、頭痛の因果関係を簡単に説明しました。

 

諸々のプレッシャーで、ホメオスタシスがコントロールしてない状態で、下垂体前葉を調整してやれば一つ目のロックが外れそうな気がします。
ロックは他にも幾つかありそうな予感。

 

部活動の終了時間が遅く、通いきれないようだったので、ホルモンバランスの調整ができる頭蓋矯正と内臓矯正の施術可能な施術院を探せば改善できことを話し、お別れして来ました。

 

生理痛のおかげで腰痛になる方はかなり多いです。
投薬で改善しないホルモンバランスなら、頭蓋のホルモン調整しかないかもしれません。
不調は、できるだけ早く元から摘み取った方が無難です。

 

ホルモンバランス、内臓療法、頭蓋療法ならこちらのオステオパシー整体院