生理痛、肩こりは内臓矯正で

主訴が肩こりや腰痛の場合、その他の不調和は改善したい優先順位から外れてしまうことが多々あります。

 

男女にかかわりなく、主訴以外気になる体調不良を話してもらう事が大切と思ってます。

体調不良のすべてを聞き出すのは私側にあるのですが、お客様側も「今までどこへ行っても治らなかったのだから、きっと治らないだろう」と思い込み、話し忘れることもあるかと思います。

 

女性では、主訴が腰痛、肩こりでPMS(月経前症候群)が存在しているか、または何年も生理不順が続いている場合は、肩こり、腰痛と女性特有の症状を並行して改善して行きます。

 

問題は、少しずつ働きが落ちている内臓の機能です。
内臓の機能低下の理由は、幾つか考えられますが、精神的ストレス、添加物の摂取、通信機器などの電磁波と、何よりも大きい大気汚染です。

 

内臓機能の回復には、内臓矯正などが有効ですが、それだけでは改善がむずかしい事もあります。

 

内臓の機能と頭蓋は密接に関係しており、どこかの臓器の働きが落ちると、必ず頭に関連している骨に歪みが出てきます。

 

肺、心臓、胃、腎臓、肝臓、胆のう、脾臓、膵臓、腸全般の機能低下が頭に歪みとして表れます。

 

頭の神経が、体全体につながっているわけですね。
内臓が元気になってきますと、健康体に戻ってきますが、新陳代謝も改善されダイエットなどに苦労することもなくなります。

 

松戸、柏、健康体に戻すスペシャルな内臓矯正、頭蓋矯正ならこちら