受験生の記憶力アップ

毎年、師走から年明け早々に来られる受験生が、少しずつ来られるようになりました。

 

元々は、数年前にヘッドセラピーのデモをしたお子さんが、学習の意欲が向上したことが切っ掛けでした。

 

ヘッドセラピーと云っても、頭のマッサージではなく、脳内の血流と脳せき髄液を循環良く流す頭蓋療法を、お子さん用にアレンジした手法です。

 

大人も子供さんも、精神的なストレスが発生しますと、耳周りの側頭骨は膨らんで来ます。

 

側頭骨の頭の中心方向に、記憶や学習能力に関わる海馬があるのですが、血流不足と脳圧の関係で生体電流がかなり高くなってます。

 

脊髄液や脳の循環を良くして行きますと、生体電流が徐々に減る感覚がありますので、自律神経も正常に働きはじめます。

 

子供さん達に聞きますと、一度目は頭がスッキリし、二度目は一度目ほどスッキリしないと話してます。
最初より、改善してるってことですね。

 

ここら辺は、頭をスッキリさせる為にやっているのではなく、ストレスを抜くために行っているのですが、子供さん側としては納得してない様子です。

 

脳圧を下げ血流を流し自律神経を調整すると、頭の回転が良くなりますが、これは大人でも同じです。

 

これから冬休みに入りますと、親御さんと一緒に何人かの受験生が来られると思いますが、皆さん志望校に入れると良いですね。