階段で転倒、骨折だった

年明けの日曜に来院されたお客様が、先日挨拶に見えられました。

階段で転倒し、足を引きずりながら来られましたが、あまりの痛さで顔は青白く血の気が引いていたので、直ぐ整形外科へ行くように勧めました。

 

その後の話しでは、勧められるまま近所の総合病院整形外科を受診し、レントゲンを撮ると骨折の疑いはなく、単なる打撲で、痛み止めを処方され帰られたようです。

 

翌朝起床時に、歩けなくなるほど激痛が走ったので、別の整形外科を受診し、レントゲンを撮ると大腿骨頸部骨折だったようです。
打撲ではなく骨折だったわけです。

 

最初の総合病院で打撲と言われた時は、骨折ではなかったので、心なしか安心されたようです。
しかし、翌日、別の整形外科の先生から骨折の言葉を聞いた瞬間、一気に血の気が引いたと話されておりました。

 

手術は、設備が整った最初の病院に戻され行われたようですが、退院し杖をつきながら、歩行ができるようになったので、お店に寄られたようでした。

 

こちらでは、骨折、打撲の処置はできませんが、お医者さんも、時には骨折を見逃してしまうかもしれませんが、それでもお医者さんはお勧めです。