肩こり、腰痛などの感情変化

肩こり、腰痛、首痛などの体の不調は人それぞれですが、感情が大きな原因だと思っているお客様は殆どおりません。

 

思い悩んむことが多いのか、怒ることが多いのか、悲しいことが度々あるとか、たまには嬉しいことがあるかで体調に変化が起き、体調不良の原因になります。

 

一日の大半を、どんな想いで過ごしているのかが大切になってきます。

 

一つ位の感情の変化ですと、早目に痛みは改善しますが、喜怒哀楽が激しすぎると、すんなり回復はしてくれません。

 

たとえば、怒りっぽい人、頑固なオヤジさんを想像しますが、肝臓が傷ついてます。
肝臓の働きが落ちているということですが、肝臓調整をして行きますと個人差はありますが穏やかなオヤジさんに変身します。

 

個人差とは、あら捜し、疑いを意味しますが、石橋を叩きすぎる感情なども、ある臓器、自律神経が関係しています。

 

傷ついた臓器を、一つひとつ回復させ、体内環境を整えて行きますと、将来大病に見舞われることなども少なくなって来ます。