断捨離奮闘記

定休の二日間、ふた月前から続けていた、自宅の断捨離と並行して、本家の介護改修のための断捨離をしました。

 

何年も使わない物を、片っ端から納戸や押し入れから出し、仕分けするのが一苦労。
気合いを入れ、片づけないことには、物は一気に減らないとつくづく思います。

 

家電リサイクルは柏へ持ち込み、燃えるゴミは和名ヶ谷、スキー、ゴルフセットは日暮、資源ゴミは松飛台のリサイクルセンターと、何回レンタカーを借りたことでしょう。
時には、対象外で持ち帰ったこともあります。

 

DSCF3501

 

写真は、資源ごみ市民持込み専用口です。
矢印方向に進み枠内で車重量を量り受け付けを済ませます。
その後、右側に進みゴミを降ろします。

 
一度、ゴミを降ろしている最中、なぜか「車重量を量り忘れました」と言われ、唖然としながら降ろしたゴミを積みこみ、再度量り直すことがありました。
重量物が多い時には大変です。

 

車がカラになったら車重を量り会計になります。

 

一回目は450キロ、二回目以降は300キロ前後と段々少なくなって来ました。
次回で、もういい加減終了したいところです。