学べることの楽しさ

10月は、開業月でしたが、多くのお客様をお迎えでき感謝しております。
少しでも、貢献できるように努力しておりますが、結果が伴わない時もありました。

 

今年は、休暇をすべてセミナー、勉強会に充てようと思い実行して来ました。
仕事を休んでまでセミナー参加をしたくなく、余暇時間の中で出席できる日程に絞って参加してました。

 

思い返せば、ゴールデンウィークとお盆の三日間は、仕事を終えてから東京に行き深夜返って来る日がありましたが、会社帰りの会社員らしき人が、ホームでため息をついている姿を見て、「連休でも休まず仕事をしてる人もいるのか」と、ちょっと感動しました。

 

この一年間は、かなり疲れた時がありましたが、病気もせず何とか仕事に打ち込むことができたのは、「生かされている自分に何ができるのか」を問い続けてきたからだと思います。

 

生活していれば、何かの苦労は付きもので、上手く行かない時の方が幾らでもあります。
その時に、自分の失敗を嘆くより、違う方向から何度か攻め入ろうと実行すれば、だんだんと道が開けて来るのが判ります。

 

心が折れそうになる前に休憩して、再度頑張って見る。
それでもダメなら、スッパっと諦める。
執着は身体を壊します。

 
過去の失敗は、未来の成功の糧になりますので、今出来なくても近い将来できるだろうと、成功の根拠もない中でも、自分を信じていれさえすれば道は開けることになってます。

 

それが、原因結果の法則で因果応報というものです。

 

実力があるのに道が開けない最大の理由は気持ちの問題です。
よこしまな思いは、愚痴や不平不満、人のせいにする言葉が出ます。
自分を客観的に見ながら、今の思いを修正し続けることができたなら、希望、願望は、その情熱の度合いによって達成することになってます。

 

今年は、もう少し参加する勉強会がありますが、いつも何が学べるのかワクワクしております。