腰痛、椎間板症、ヘルニア関係の運動など

腰痛の中でも、椎間板症や椎間板ヘルニアなどは、体を捻じる動きに対して不具合が生じるケースが数多く見られます。


運動やストレッチ、仕事での横移動では、その場で椎間板付近に痛みが生じる時、翌日から段々と痛みが増してくることがあるようです。
かく言う私も、左右のツイスト運動がもとで、二ヶ月間ベッドに寝られない状態が続いています。
椎間板矯正途中、さらにその行動で痛み出した場合は、日が経つ内に痛みが軽減される事もあるようですが、痛みが進行形でしかも椎間板に負荷をかける形のストレッチでは軽減が難しくなるようです。
痛みなどの不調和が少なくなるまで、左右の運動や負荷がかかる動作を減らしていただければと思います。
松戸の整体院・らくだ倶楽部カイロプラクティックオフィス
JN整体スクール