首痛と胃腸の関係

自分の健康に関心があるお客さまは、過去現在の体調変化を詳しく話されるので、施術を組み立てやすいです。

 

逆にいちばん辛い腰痛、肩こりなどの主訴以外、あまり話されないお客さまは、検査でも判りづらい場合は、施術中にその部位を確認しながら調整をするので、時間がかります。

 

検査で判りづらい理由は、内臓の殆どに陽性反応が出ている場合が多く、医療機関検査でも判りませんので見過ごさられます。
判った時点で、結構進行してる場合が多いと思います。

 

寒くなってから割と多い首痛、首に違和感などでも、内臓と密接な関係があるため胃腸などを先に調べていきます。

 

首が張って固い方に「胃腸の調子悪くありませんか」と尋ねると、「このところ、食べた後に胃の調子が悪く胃液が逆流する感じ」と話されることがあります。

 

施術では、体幹のゆがみを取る骨盤矯正をしながら、首と胃腸の調整を同時に行います。
別々に調整をすると胃の狭窄が取れにくいので、一気に骨盤、消化器、頸椎を同時に調整します。

 

一晩寝て翌日、少し変わるかもしれませんが、一度の調整で何とかなる程あまくはありません。