腎臓と腰痛の関係

内臓の働きが落ちると、どこかの筋肉に違和感を感じることがあります。

それを「内臓一体性反射」といいますが、腰痛の場合は腎臓の働きが落ちてます。

 

もちろん、腰痛の場合は腎臓だけだもないですが、下垂したり背中寄りにズレたりして、大腰筋周辺が固くなって血行が悪くなり痛みがでます。

 

元々、腎臓に何らかの持病がある方もおりますが、検査で引っかからない方の方が多くおられます。

 

腎臓疾患を治すのは病院ですが、こちらは腎臓の働きを上げる施術をします。
また、腎臓とその他の臓器も一緒に調整するので、一度の施術で改善できない場合があります。

 

腎臓症候で、慢性的な腰痛や股関節痛、脚のトラブルの殆どは腎臓の働きが落ちてます。