体調管理はリラックス

梅雨に入り、少し暖かくなってきたせいか、右半身の不調の方が増えて来ました。

 

不調といっても、ご本人には判りにくいと思いますが、確実に右側の脈診で血気のめぐりが落ちています。

 

外の湿度と、体内の余分な水分が多い時期です。

 

リピートのお客さまは、不調があっても、ご自身である程度は回復されますが、初診の方はかなり流れが落ちてます。

 

皆さん、だましだまし痛みを堪えてやっと来られる方が多いですが、初回で終わる方でも、これから健康管理の重要性を身を持って体験されると思います。

 

それ程、昨今では、体調不良になるスピードが速まってます。
内科的分野を総動員しないと、太刀打ちできない程に、体内環境の老化が進んでいます。

 

健康に良い物を食べたとしても、サプリを飲んだとしても、体の中が元気になっていないと、何れ体調に反映してきます。

 

それが、腰痛や肩こりになりますが、他の不調も同じです。

 

体内環境を良くするには、まず優しい気持ちになること。
自分の限界を知って、ストレスを溜めないこと。
そして、好きなことを探して極めて見ること。

 

気持ちが、楽しくになれば、身体はリラックスして若返って来ます。