季節観の腰痛、肩こり

今年の夏は、比較的涼しい日が続きました。

 

例年と比べれば、蒸し暑くても、あまり汗をかかず水分の蒸発が少なかった為の不調になってます。

 

お客さまの体も、夏特有の疲れが出ておらず、秋冬の疲れになってる方が殆どです。

 

春夏秋冬、体内の時計の季節観がずれてます。

 

夏は、汗をかき体内からも水分が蒸発しますが、今年はその循環が少なかったようです。
それに加えて、幾ら涼しくても暑い日もありましたので、冷たい物で体を冷やし過ぎてます。

 

体全体の疲れは、体の固さに起因し、自律神経に負担をかけ続けます。

 

慢性肩こりも腰痛も疲れも取れない。

 

今の疲れを取る前に、涼しくなる秋、寒くなる冬の疲れを取らないことには今の不調を取れない、そんなこともあるのです。