脳イメージで腰痛を

腰痛持ちの方は、電車に乗ると、だんだん腰が張ってきて、しまいに痛み出すといいます。

 

電車も、長時間の立ちっぱなしや座りっぱなしも、腰痛をかかえている方にはしんど過ぎます。

 

もう何年も前、小金原の有名なパン屋さんに長時間並びましたが、まさに背中から腰が半端なくツッパリ、仕舞には腰周辺がじんわり痛くなってきました。

 

あまり、長時間並んだ経験がないので、アキレス腱を伸ばしたり、足首をまわしたりして痛みをしのいでました。

 

そうこうしてる内に店内に入ることができ、流れのままに目的のカレーパンをゲットし自宅に戻りました。

 

その日は、夜になって腰の張りが軽減しましたが、就寝中に腰の痛さで目が覚め眠れなくなり、寝ながらストレッチを試みましたがイマイチ効果なく、体勢を変えても痛みが減らず、しかたなくベットから起き椅子に腰かけました。

 

その少し前、「脳イメージで痛みを取る」というセラピストセミナーに参加し、自分なりに何度も実践してきましたが、イメージがピンと来ず、お払い箱にした手法を想い出し、ダメ元でやってみました。

 

今は、最初に教わった「脳イメージで痛みを取る」のオリジナルではなく、自分で試行錯誤したやり方で不調を軽減させています。

 

やり方は、いたってシンプル。

 

何も考えず、痛い所の筋肉を伸ばすイメージです。

 

これで、軽度の肩こりや腰痛は軽減するか無くなります。

 

はなっから疑うと、何も変わりません。
脳が痛みを察知しますので、本丸の痛みを感じる脳を解放します。

 

次に、かなり痛くてどうしようもない時には、筋肉を伸ばすイメージだけではどうにもならないので矯正を行います。

 

どうやって矯正するのか。

 

イメージです。

 

ここは、セラピスト関係者ではないと分からないかもしれません。
分からなくても、どの骨格、筋肉を調整すれば、もしかして痛みが軽減するかもしれないと、いろいろやって見ることです。

 

たまに、お客さまにもやり方を話しています。

 

私も最初の頃は、ここで何度も引っかかりました。

 

雑念が多いと、適切な処置をしたとしても何も変わりません。

 

余計な想いは、日頃から排除しないと好転しません。

 

脳トレイメージを始めた頃、腰の左右の硬さを調べ、イメージング後に硬かった筋肉が緩んでいた事に驚愕しました。
「こんな事があって良いのか」、「なぜなんだ」と驚きました。

 

どなたでも、余計な情報を入れ過ぎなのですが、そこが少し気にしなくなると健康にも戻って来る、そんな感じがします。