慢性肩こり、侮るなかれ

今まで、慢性的な肩こり首こりには、一時凌ぎのマッサージで切り抜けて来たと話される。


頸椎から胸椎にかけて、かなりのストレイン、以前から体は硬い方とも話される。
肩から肩甲骨付近は、コリと云うより腫れ上がっている状態。
ここに来る数時間前にも、整骨院で電機をかけてもらい、腫れた肩は危険なので整形外科を勧められ、マッサージは出来ないと言われたらしい。
私も、マッサージは勧めないが、軽く胸郭上口へのSCSを行ってみる。
一気に、腫れ上がった筋肉は徐々に安定するも、ご本人の痛みは変わらないらしい。
まだ、手はある。
検査で、顕著に表れていた神経矯正を一番最初に行っては居なかったから。
別に出し惜しみしたわけではないが、ストレインにはストレインかな…と、単純に思いながら行ってみたのですね。
一般的に、筋肉の腫れが引いたら痛みも改善する筈なのが、思うように結果が出ない。
結果がなんぼの世界の私達ですが、一度の施術で魔術のように改善したら苦労はないのですが~。
そこで、検査で陽性があったカテゴリー矯正をすること15分。
これで50%近く改善出来ただろうと、お客さまに聞くと、首をひねりながら考えている様子なので、ご本人としては納得していただけないのでしょう。
しかし、矯正後の検査では陰性だったので、明日辺りには首肩の痛みも軽減するはずです。
結局、聴診器で聴いた内臓の雑音、太陽神経叢の内臓音に原因の一つが在ったわけですが、内臓矯正後やっと痛みが半分近く軽減されたようです。
その内臓矯正も、連続で行わないと改善が見込めません。
次回の予約は無いと、初めから話していたので、出来る限り早めに医師に診せるように勧めましたが、遅くならないように願うばかり。
慢性的な肩こり、侮るなかれ…。
   らくだ倶楽部カイロプラクティックオフィス