朝の首痛と吐き気

朝、起きると首に痛みがあり、前後左右に頭を動かせず、仕舞には吐き気と頭痛首痛の為、整形外科に。
寝起きの首痛を訴えて、お越しになられるお客様は確かに多い。


整形外科で、回復に時間がかかる状態でも、レントゲンで問題がなければ、直接頸椎に施術しなくても改善はできるもの。
ストレート系の頸椎に多い、首へのトラブル、その中には過度の精神疲労の方も少なくない。
月の満ち欠けでも上弦の月の日、月を見て野獣が吠えるでもないのですが、そんな時に不調和に成られる方も、これまた多い。
そんな事を思いながらも、お客様からすると、一途に治してほしいと来られるわけであるから、その思いに答えなければ成らないわけで。
首を触ると、リズミカルな筈のインパルスが一定でもなく、頭頂骨の内外旋も著しく弱い感じ。
余り、根を詰め続けての行動は、体に悪影響を及ぼしてしまう反作用の証拠。
その辺を、少しお話させていただき、脳内から減圧させながらForceを送り込み、ストレス疲労も強引に私の方へ吸収させ、変化を伺ってみる。
私の体が怠くなったので、効果は聞くまでもないが、案の定、痛みは半減首の可動域も広がったご様子。
次回予約をしていただいたけど、どうでしょう…。
その日まで回復されているかも知れない。
    らくだ倶楽部カイロプラクティックオフィス