働き過ぎは体によくない

働き過ぎは体によくない。

 

どなたでも、そう思っている事でしょう。

 

仕事のし過ぎ、家事、育児とか、それもありますが、一番はいろんなことを考え過ぎではないかと思います。

 

思考、脳の使い過ぎは、身体の硬さに比例します。

 

皆さま、来院される方は、確かに筋肉や関節が硬い方が殆どですが、頭の骨も体以上に硬いです。

 

頭の関節も硬すぎで、「これなら腰痛肩こりになる筈だ」と思いながら施術してます。

 

心配事が多くあると、頭の硬さも極まってきます。

 

内臓や足首を調整しながら、何とか頭の関節を緩めてます。

 

それでも、頭の硬さが取れない時は、緩くなるイメージを強めます。

 

kitakogane.012

 

こちら、来院されたお客さまはご存知と思いますが、雲と青空の写真です。

 

お客さまに見せる意味もありますが、施術中に私がリラックスし雑念を抜く為の写です。

 

時々、雲が流れ鳥が飛んでるようにも見えますが、雑念を取るためです。

 

この時、お客さまの頭を調整しながらストレスを一気に抜くのですが、施術が終わったあとは半端なく眠くなりますね。

 

あまりのやすらぎで、施術をしていることも忘れ、何処にいるのか分からなくなるお客さまもおられますが、肩こり腰痛のベータ波から、やすらぎの中のアルファ波に移って来ます。

 

これが、子供さんでしたら、ストレスが抜け勉強意欲が湧いて来ます。

 

マッサージでは体験できないやすらぎ感。

 

働き過ぎで疲れた体、エネルギーチャージにも有効です。