ひざ痛でダウン

連日の雪かきの影響なのか、一昨日の夕方から右の膝に違和感が出ました。
ヒザ痛改善を売りにしていたのに、自分がひざ痛になるなんて、まずい展開に成って来たと、閉店後の帰宅途中に片足を少し引きずるように帰りました。


自宅に戻り、夕食後、膝の痛みは抜けてはいませんでしたが、段々と炎症が出て膝周辺が熱くなって来たので、とりあえず冷感湿布薬を貼って就寝しました。
多分、明日の朝には回復しているだろうと思っていたら、夜中に寝返りをうったと思ったのですが、余りの痛さで目が覚め、ジンジンしている膝を見ようと、ベッドに痛みが出ないようスローで腰かけ膝頭を捲ろうとしたら、膝が腫れあがって、どうすることも出来ず…。
トイレに行こうと立ち上がると、足が床に付けない程の痛み。
何で、ここまで痛くなるのか考えても空しくなるだけ…。
湿布薬を取り変えて、布団にもぐり込み昼まで寝てました。
午後から、人に会う予定もキャンセルして、更にと夕方まで寝ておりました。
空腹になり、夕方から起きてみましたら、腫れは半分になったものの、明らかに反対の膝より腫れておりましたし、まだ痛くて床に足が付けない非常事態。
その時、痛み以上に困ったことを思い出したのですが、翌日のエアコンの暖房タイマーを店に行って入れなければならないと…。
奇しくも、翌日のご予約者は、ひざ痛のお客様が午前中お二人。
ここで、もう観念して、嫁さんに膝痛の手技をして貰うしか改善の余地はないと、検査から施術まで頼み込んで行ってもらいました。
検査では、問題無しと出ましたが、「痛いわけで大いに問題アリでしょう」と、話しながら、呆れる嫁さんの顔を見ながら、膝痛のやり方を伝授し、十分に施術をしてもらい、床に足が付いても痛くならないまでに矯正をかけました。
これだったら、今朝、矯正をしてもらえば一日中寝てなくても良かったか…と、バカバカしくも悔やんでしまって…。
自宅から店舗まで歩きましたが、足の着地より引き上げる方に若干の違和感と、膝を捻じると痛みが多少出るくらいまでに回復したようです。
週末から、また雪の予報が出てますが、今度は夜中まで雪かきをしない様、積雪が少なくなる事を願います。
      らくだ倶楽部カイロプラクティックオフィス