定休モード変革

今日は、休みだったので、近所の寺で雑念ストレスを取り除く禅定をしてました。
ただ、座って、ボーっとしてました。


時々、頭を空っぽにして脳に新鮮な風を通しませんと、些細なことで動揺したり、直感が鈍くなったりと、心身を清々しく保つためにも不可欠であります。
思慧が終わり、片づけをしていた最中、お客様から施術依頼の問い合わせメールが入りました。
昨日、半年ぶりに来られたお客様ですが、今までも激痛の腰痛で来られた際も、一回の矯正で改善していた方だったので、翌日も痛みが続くとは思って居らず、今回だけは何時もと違ったようです。
定休モードから仕事モードに戻すため、少し時間をいただき、店舗で待ち合わせのメールを返信し、自宅に戻り急いで店に向かいました。
定休でもメールが入れば定期リピーターの方なら施術を受けますが、たまたま近所に居て良かった、ラッキーでした。
今まで、早期に回復されている方を見て来ましたが、その特徴は、痛みが限界まで達しないと来られないことです。
少し早目に施術すれば早目に回復されるのですが…。
それは、どんなに痛みが増し歩けなくなっても、一度の矯正で改善してきた過去があるからだと思いますが、それは余りにも厳し過ぎます。
私の出来うる施術はすべて行いました。
明朝、回復されることを願うばかりです。
        らくだ倶楽部カイロプラクティックオフィス