どうしても元気になれない

どうしても、元気になれない人も多くいます。

 

そんな時は、差支えないところまで話を聞きますが、聞いている最中にも、エネジーフォームの意識で、お客さまの調整をしています。

 

ご本人には分らないと思いますが、顔色を観ていると、だんだんと気力が戻りつあるのが見てとれます。

 

時には、涙を浮かべ話されますが、その涙も辛かった時の涙から、一歩前進しようとする喜びの涙にかわります。

 

ご本人が苦しい時、周りからの意識も苦しく感じます。

 

そのような状態では、脳内も緊張してますし、体幹調整だけではこころも癒されません。

 

体内の血気が通ると、身体も楽になり爽やかな笑顔が蘇えってきます。

 

「また来ます」と帰られますが、「もう来なくても十分癒されたと思うので、好きな事を見つけて建設的になってください」とだけ伝えます。

 

また、道に迷ったら来られると思いますが、それがひと月後か一年後かは分りませんが、少しの間、遠隔で優しい意識を送ろうと、今までもそんな方が何人もいらっしゃいました。

 

きっかけなんですね。
誰でも、前進できないきっかけがあり、元気になれるきっかけもある。
ほんの数ミリの違いで人生が変わる。

 

話しだけで、人のこころは開かれます。
昔も今も、セラピーのやり方は変わりません。