雪かきで腰痛?

今日は、来週の日曜の営業時間変更に伴って3時間オーバーで終了しました。


数週間前の雪かき時に、腰痛となれた方が少数お越しに成られました。
その中で、事前に整形外科に行かれ、湿布薬を処方、経過観察との事らしいですが、2週間も腰痛が緩和ぜず、背中まで張りがひどくなって来たので、たまたま日曜に営業していたので電話された様です。
そのような場合は、2週間も待たず一週間で整形の方へ再来院され、現状を話された方が痛みを堪える期間も短縮されたかも知れません。
病院は、どのような検査をされたのかを聞くと、X線を撮って腰の捻挫のような感じの話をしたようですが、骨に異常は無いと話されたようです。
時間も経って、お客様も忘れてしまった事もあるかも知れないと、基本的な検査をする事に。
動作の度に痛みで顔が引きつり、腰から上半身はS字に曲がり、見るからに痛々しい。
検査では、椎間板に陽性、バビンスキーでも陽性、腱反射は著しく陽性、TRとロックの確認。
ここまでの検査で分かったは、中枢神経が何らかの原因で損傷している可能性が大きいこと。
これが事実ならば、施術は控えるべきと云うことになります。
お昼に近づいたので、ご家族を呼んでいただき、検査の結果を一通り説明しましたが、ご本人の痛みを出来るだけ取って欲しいと懇願されたので、脊髄に負担が掛らないよう調整し、少し痛みが軽減したようですが、一度の調整では何とも云えず、早急に大きな病院で検査を受けるよう勧めました。
      らくだ倶楽部カイロプラクティックオフィス