大志は元気の源

町中では、真新しいスーツを着た新入社員であろうと思われる方々が、はつらつとした顔で歩いて居るところを何度か目にしました。


多くの希望を持たれ、入社された方々なら、ここは一つ謙虚に先輩方の指導を受け入れながら、物事を大局的に見る目を養っていただければと思う次第であります。
社会に身を置きますと、何かしらかの理不尽さを多く受けてしまう事も多々あります。
時には、受け入れられない事もあるでしょう。
自分の理想が崩れさる時もあるかも知れません。
そんな時にこそ、自分の足るところかも知れないと、粘り強く学びのつもりで、物事を臨機応変に処理して行かれればと思います。
余りにも理想とのギャップ大きいと感じたら、主観から一度離れて見ることをお勧めします。
人間関係などもそうですが、集団社会では、どうしてもご本人に合わない方も必ず居られます。
会社の中で、気が合わない人が居るのは辛いことですが、それもその方が努力によって調和する学びを得る為に、必然的に先生役を買っているケースが多々あります。
すべてが魂の学びなんですね。
ちょっと、説教ブログに成ってしまいますが、いつでも如何なる時にも、大志を抱いていただければと思います。
       らくだ倶楽部カイロプラクティックオフィス