内臓調整 頭蓋調整

カテゴリー別アーカイブ: 内臓調整 頭蓋調整

健康診断はおすすめです

当院の施術は、痛みしびれの改善と再発防止を目指しています。
再発防止といっても、ほんの10年前と違って、昨今の環境では身体に悪くなる要素が盛り沢山あります。

 

その為、大切なことは適度な運動と休養、食生活、睡眠と一般的に言われてますが、健康診断も大切です。

 

健康診断は、体の中で何が悪くなっているか、重篤になる前に早期発見でくい止める為に役に立ちます。
最低限、毎年の健康診断は受けた方がいいと思います。

 

肩こりや腰痛、他の体調不良を訴えて来られるお客さまの多くは、健康診断で正常数値の方ばかりです。

 

正常数値ということは、自分の体は健康体であると思っていると思いますが、健康な方は肩こりや腰痛になりません。
もしかしたら、健康と肩こり腰痛は別モノと考えている方もいるかもしれません。

 

健康診断で、判らないこともいっぱいあります。

 

鼻腔の異物を出すためにクシャミをしたり、体内の異物を出すために熱がでたりしますが、肩こり腰痛も同じなんです。

 

突然、体調が悪くなることはなく、何年もかけて徐々に厳しくなってきます。
その状態を、放って置くかどうかはご本人の判断になります。

 

くも膜なども突然といわれてますが、今まで診て来て、もしかするとこの先厳しいかもと思っても、体調が良好な方はあまりメンテナンスも来ませんから、風の噂でその後の事実を知ると複雑になります。

 

 

男女問わず、頭の中の硬膜(硬膜の下にくも膜)のヨレは、運動でもストレッチでもどうすることも出来ないので、今のところ歪んだヨレを滑らかにするには、頭蓋調整しかないかもしれません。

肩こり、腰痛と血糖など

腰痛、背中のはりなど、年齢が高くなって来ると改善スピードが遅くなってきます。

 

体調不良には、いろいろな原因がありますが、ひとつに甘い物好きの方が多いこと。

 

体の中で、血糖コントロールが出来にくく、ついつい甘い物に手を出してしまいます。

 

複合的に、数多くの内臓疲れで、体がオーバーヒートして痛みや痺れになっている方が大半です。

 

サプリを飲んでも、効果がイマイチ判らない方、効きすぎてしまう方は、どこかの内臓が弱っている可能性が大きいです。

 

長年、投薬されていて改善がむずかしい方は、違う内臓の働きが落ちているものと思われます。

 

肝臓症候などを鎮めて行くと、甘い物に手を出さなくなってきます。
その頃のには、腰痛も背中のはりも共に良くなって来るでしょう。

運動会の疲れで

先週の土曜日は、松戸市内全域の小学校の運動会でした。

 

運動会前夜には、毎年恒例の大イベントの為、校門前に場所取りの順番待ちの方々が列をなし、先頭の方々は寝袋持参で寝てました。

 

小学校の近隣住民としては、騒がしくも何も問題もなく、ただ見守るだけです。
夜22時から8時間、徹夜で待っている人は、トイレなんかどうしているのでしょうね。

 

週が明けて、何人かのお客さまからライン予約が入りました。

 

とてもじゃないけど、体が疲れて週末まで待てないとの事でした。

 

皆さん、こんがり日焼けし、見るからにお疲れモード。
それに、口数が少ないく、かなり疲労困ぱいのようでした。

 

施術後は、血のめぐりが良くなったのか、別人のような目の輝き。
お子さんが、小学校を卒業するまで、場所取り、頑張ってください。

体のエネルギーを入れ替える

連休明けツイートを見ると、「リフレッシュできた、仕事頑張るぞ!」「仕事かー、行くのやだなー」の二つに分かれてましたが、翌日では「仕事が溜まって疲れ過ぎ」のコメントが見られました。

 

連休明けのお客さまの状態を診ますと、精神的な疲労で体が固くなっていますし、イライラ感が伝わって来ます。

 

電車に乗っても、いろんな人の何らかの不満の渦が、車両いっぱいに充満してます。
敏感に感じる方は、それだけで気持ちが悪くなるかもしれません。

 

人の思い、念ですが、その意識は他人に伝染しますし、その負の感情が体調不良の要因の一つにもなります。

 

負の感情が持続しますと、人体のエネルギーが体全体に流れにくくなります。
それが、内臓の働きを低下させてしまい、筋肉、関節の可動の低下、体のどこかに痛み痺れとなります。

 

施術では、負のエネルギーを抜きながら、正のエネルギーに入れ替えますが、同じ悩みを抱えていますと、また体に負のエネルギーが充満してきます。

 

ほんの少し、深呼吸して気持ちを入れ替えてみるのも良いと思います。

 

過ぎた怒りや悩みなどの執着は、あまり溜めないようにしていただければ、健康体に戻ってきます。

人の感情で痛みが出る

施術ベッドに、横になれない腰痛のお客さまが時々来院されます。

 

ベッドに横になって、起き上がる事もできないお客さまは、施術の2時間前に痛み止め飲んで来ていただく事もあります。

 

痛み止めを飲んでも、痛みが消えない時もあります。

 

そのような痛みのある方は、骨盤調整ができませんので、座ってオステオパシーを行います。

 

座ることもできない方は来られませんが、先ずは横になってもらえるまで、体幹の捻じれと内臓のねじれを多方向から調整します。

 

「この痛みは、いつ治るのだろう」と、心配し過ぎや怒りでも改善を遅らせます。
人の感情で痛みや痺れるケースが多くなってます。

 

長年の不調が極まって、体に痛みが出てくるので、2~3回位の施術ではよくなりません。

 

どこかの内臓が疲れると、働きが落ちますが、内臓の体力が落ち過ぎると体に痛み、痺れとなって感じるようになります。

 

落ち込みやすい人で、元気な人はいませんし、内臓疲労の原因になります。

 

今までの生活習慣を、ほんの少し変えていただくことが、痛みの改善と再発防止の早道です。

体内の添加物を解毒する

ここ数年で、多くなった肩周辺のこりと痛み。

 

スマホなどの普及で、正しい姿勢が保てなくなったと言われ続けてます。

 

すべては、体の血の巡りが落ちていることが最大の原因ですが、血流を阻害しているトリガーは、一体何処なのかを探し取り除くことができれば、体の痛みは消えます。

 

身体のこり痛みは、気になる箇所とは別の場合が多くありますので、そこの根本を調整をしない限り慢性的なこり痛みはつづきます。

 

スマホやゲームを使う方は、横隔膜に異常がでてますが、肺と心臓も弱くなってます。

 

スマホ、ゲームをしない人でも、特に高齢者の胸部は固く、肺炎の死亡率が高いのは納得できますが、今は胸部の固着は低年齢化してます。

 

もう一つ、大きな問題が添加物の摂取です。
これは、外食や洋食中心の方に診られる肝臓症候の体調不良は群を抜いてます。
最初に来られた方、メンテで来られる少数の方の肝臓腎臓は、ガシッと重たくなってます。

 
肝臓の解毒作用が間に合わず、新鮮な血液が体中に届かないく、更に肩こり腰痛、その他の体調不良になる方が圧倒的です。

 

今や、添加物の入ってないものは少ないでしょう。
調味料にしても、なんとか風調味料の表示で判りますが、無添加もほんとうに疑ったらきりがないので少量だけにしましょう。

 

何かの油と食品添加物を何十年も摂ってると、キレる、だるい、血行不足、精神的落ち込み、他いろいろあります。

 

止めたからと云って、すべてが体から排出されるわけでもありません。

 

内臓調整と頭蓋調整は、悪いモノを排出させ、血流を全身に流し免疫力を上げる為の施術法です。

原因不明の痛みは時間がかかる

体の痛みしびれなどの疾患には、急性などあり得ないと感じてます。
確かに、感じる痛みは、当日や数日前に痛み出したかもしれませんが、その原因は数ヶ月から数年、数十年以上も前から、徐々に進んできたものばかりです。

 

その状態を裏付けているのが、一つの症状を取ると、また違った痛みが出てくる、或いは痛みが移動する状態です。

 

現在の状態と、過去に何らかの疾患が在ったかは、とても重要になってきます。
過去、何かの体調不良だったが、その内不調が出ていないなら完治したのだろうと考えがちです。

 

アトピーなども、子供の頃ひどかったが、成人してから皮膚の状態に何も問題がない、これからも大丈夫だろうと思いがちですが、アトピー疾患の種はまだ身体の中に存在している事も多々あります。

 

痛み、しびれ、張り、原因不明の疾患は、そもそも全身の血のめぐりが悪いわけですが、例えば、肝臓に関係した疾患、肝臓症候は殆どの方のテストで陽性が出ますが、お客様にその事をお話しすると「それはあり得ない」と断言されますが、何年も食べ物に添加物を使ってる以上、肝臓を酷使しつづけると、体の痛みやしびれにつながります。

 

また、大気汚染でも内臓に負担がかかり続けます。

 

毎年、医療機関でも改善できない原因不明の方が来院されてますが、最初は単なる肩こり時々腰が重い程度だったようですが、晩年になるとサプリを飲んでもマッサージをしても効かなくなり、辛い日々の連続です。

 

「2~3回の整体で何とかなりませんか?」と言われる時がありますが、体の中で異常がでているから痛みとして感じて来たので、原因不明の疾患は短期間で改善しにくいです。

 

将来、健康を保つには、骨格の歪み、筋肉だけだはなく、体全体の調整が必要になります。

花粉、粒子物質を吸いつづける

今年も、花粉の時期になりましたが、だんだんと花粉の量も増えているようです。

 

花粉や粒子状物質などの異物が体に入りますと、体外に出そうとクシャミがでます。
一日に何度も、クシャミや鼻をかんだりしますと、首、肩、胸辺りの筋肉に負荷がかかって来ます。
アレルギー反応が出ない方でも、一年中空気を吸い込んでます。

 

加えて、呼吸器と循環器にも負担がかかって来ます。

 

頭蓋の循環器と呼吸器の反射点も、負担がかかっていることが確認できますので、頭蓋の調整をします。
この頭の調整を省くと、呼吸器や循環器関係のトラブルが改善しにくくなります。
何をやっても良くならないのは頭蓋の問題が大です。

 

花粉、アレルギー関係は、胃腸が弱い方が多いですが、確かに動きが落ちていることが確認できます。

病は気からのストレス色

施術中、お客さまの内臓調整で服の上から内臓を支えますが、常に疲労を抜くイメージをしてます。

 

不意に、別なことに思いを馳せると、身体の疲れが私の方に逆流して、ドッと疲れてしまいます。

 

お客さまのストレス疲労は、煮物の湯気のような見え方をしていますが、混雑した電車やバスなどの乗り物の中は、まるで濃霧の中で色違いなスモークを焚いているように見えます。

 

感じられる方はお分かりになる思います。

 

大病院に行くと、更にスモーク色は色濃く、当たり前ですが病んでいる方が大勢いるのが判ります。
空調は循環良く流れてますが、人々の念で場が下がると、病気も回復しづらいと感じます。

 

気持ちが乱れ続けますと体調に影響します。

 

健康な人でも、何らかの葛藤がある方、または長年悩まれている方は、スモークが狼煙のように立ち上ってます。
何れ、何らかの体調不良に見舞われる可能性が大きいので、あまりストレスを溜め込まないよう、こまめに気分転換をされた方がよろしいと思います。

肩こりと甲状腺の可動性

最近になって、寒さが戻った感じがしますが、市内ではインフルや胃腸炎が少し増えて来たような話しも耳にします。

 

肩こりや首、背中の張りで来院されるお客様の中にも、甲状腺の固さや動きに制限がある女性の方が、少なからずおられます。
甲状腺の固さで、気分が優れない方もおりますので調整します。

 

全体的には、上半身の固さが目立ち、呼吸器が低下している方が大半で、胸骨の左右どちらかの可動性に制限がかかっています。

 

また、頭蓋を診ると、副腎のはたらきが落ちていることも共通しているところです。

 

甲状腺、副腎、呼吸器、胆のうの調整をしながら、全身の循環を流れやすくするよう施術しています。