カテゴリー別アーカイブ: 北小金の整体院

絵画と浅草散歩

rakuda20171010 c

 

今日は、午前中に病院で内視鏡検査(胃カメラ)を受けました。

 

処置台に横になり、うとうとしてると、看護師さんから「はい、終わりました」といわれたのですが、いつ始まったのか全く分かりませんでした。
何とも楽チンな内視鏡検査でした。

 

午後からは、浅草で開催されている「零の絵画展」に行きました。

 

絵画展に出展されているお客さまから、招待ハガキをいただいていたので嫁さんと行ってきました。
観賞距離を取って数点ずつ観ました。
書き手の方の心境が、いろいろな形で伝わってきました。

 

その後、数年ぶりに浅草寺の仲見世をぐるっと回り帰って来ました。

肩こり腰痛、手強い方々

昨日、今日と脳圧が高いお客さまがゾクゾクと来院されました。

 

皆さん、肩や腰関係に違和感があるようですが、仕事のストレスも半端なく厳しい感じです。

 

いつもの事ですが、施術前の問診から、お客さまの疲労感が私の方に移動してきます。

 

体からは、疲労の粒子がまんべんなく出ています。

 

体の歪みを調整し、最後の頭蓋調整で脳圧を下げて終了ですが、これが中々上手く行かないのです。

 

頭の骨の固さを解除しますが、人それぞれ固いところが違いますし、鼻腔付近の水分が抜けない方が多く、何度も微調整し「これでいいだろう」と思った矢先、脳圧が変わらない方の多さに、心がへこんでしまいます。

 

頭を持ちながら、どこの流れが悪いのかをテストしますが、その殆どが腸と心臓と出ます。

 

今までは、最後に肝臓、腎臓調整をすれば、大丈夫だったのですが、今回は手強い方ばかりです。

 

「さっきは、上手く行ったのに今度は良くならない」と思いながら、腰痛肩こりでも共通する体調不良の人などいないので、パズルの解読をしながら調整します。

 

頭方向から足先を観ると、体のあちこちから疲労粒子が放出してますが、検査とは違った臓器から出ていることに困惑することもあります。

 

腸関係は、最終的に門脈の流れが遅いので再度調整しますが、それでも半分しか良くならない。
再度、検査をすると別な臓器の疲労が移動して来たりと、たどり着いたのは足首の可動域の問題でしたが、そこに行きつくまで苦労します。

 

また、肝臓調整をしながら心臓疲労を取り、手根骨周辺の微調整で、何とか脳圧を下げ終了しますが、皆さん簡単には行きません。

 

足首や手も、手で触って緩めると上手く微調整できないので、体に触れずに緩めます。
そのやり方は、説明しにくいので省略しますが、整体師なら誰でもできます。

 

そうやって、出来る限り血流とリンパ、水分を循環良く回しますが、ストレス意識が体を老化させますので、ストレスを受けにくい身体を作っていくことだと思います。

開業記念日と回想いろいろ

昨日は、嫁さんと近所の日高屋さんへ夕食を食べに行ってきました。

 

昨日は、特別な日で、当院の開業記念日になります。

 

昨年も、15年目の開業記念日を日高屋さんで過ごしました。

 

定食メニューを食べながら、15年をしみじみ振り返り、当時は辛い事もいっぱいありましたが、それが懐かしいといいますか、通っていただいた方の笑顔がいつまでも残ってました。

 

15年前の北小金は、整骨院さんが多くあり、カイロとオステオパシーの整体院は2~3軒しかありませんでしたが、今は北小金で唯一のカイロ、オステオパシー専門の整体院になりました。

 

3~4年前まで、根本治療といいながら痛みをなくす施術を追求してました。
お客さんからすれば、痛いところを早く取りたいと、来院されるのは当然の思いです。

 

多くのお客さまは、痛みが出ない健康体にするより、とりあえず今の痛みを取る方を優先されます。

 

その方向性で行くと、痛みの再発が多くなるので、健康体に戻し、再発しても最小限に抑える施術に専念しました。

 

痛みだけ取る追求から、健康体に戻す方向に脱却するのにかなり迷いました。

 

それは、何故かといいますと、多くの人が健康志向といいながら、健康とは真逆の生活を送っているからです。
これでは、将来、病気と縁が切れなくなります。

 

現に、何年も前より病院は満杯状態です。

 

数年前のセミナーでは、将来、乳がんの比率が倍になると、しきりに話してました。
今や、10年前と比較して、乳がんどころか大病の発生率は数倍に跳ね上がってます。
長寿になると、それなりに病気も多くなりますね。

 

その大病の始まりは、たまに感じる肩こり腰痛、体の違和感のサインからです。

 

ここ数年、両家の親の介護で病院に行く機会が多くありますが、待合室で、話しやすそうな人に聞いてみると、昔から体の不調を感じる時があったと言われます。

 

皆さん、代謝がことごとく落ちてます。
老化が進んでます。

 

細胞の老化が病気を作ってます。

 

細胞の老化をくい止めるには、どうしたら良いのか。

 

それこそが、今追求してる施術法です。

 

病気が進化しつづけているから、それを上回る施術法を編み出さなくてはならないので、一生涯の学習になります。r

はじめは肩こりだったのに

何年かに一回、深く考えさせられることがあります。

 

判断が正しかったのかどうかも分からず、悔いが残るか残らないか、自分でも良くわからない事案に遭遇します。

 

肩こり、腰痛、坐骨神経に首痛、体内の血流の循環不足になると、体の至るところに痛みや痺れが出てきます。

 

痛みや痺れの延長が病気ですが、肩こりだったら肩のコリだけでは終わらない場合もあります。

 

肩こりも腰痛も、自然と痛みが消えれば、あまり深くは考えないで治ったのだと気軽に感じてしまうのが普通です。

 

痛みや痺れの殆どは、その箇所の不具合ではなく、別な場所の不調が表れていることが多くあります。

 

医療機関の検査も、精密であれば、何かの疾患があれば判ることもありますが、血液検査だけでは限度があると感じます。

 

施術前の検査では、いくつかの反射テストを使ってますが、その数が多いと特定の臓器を疑います。

 

短期間の施術で、毎回目星をつけた臓器が陽性になっている場合は少なく、施術によって調整が効いていることを意味しますが、あまり変わらないと、他の臓器にも原因があると仮説を立て調整します。

 

調整が上手く行けば問題もありませんが、変化がない場合は代謝に絞って調整します。

 

右半身と左半身の不調で、だいたい目星をつけます。

 

主訴を、調整して行けば、だんだんと状態は回復してきますので、お客さまとしては卒業となります。

 

本人に異常がなければ、こちらも勧めにくいですが、気になっている臓器だけは伝える時もあります。

 

病院検査で見つからなければ、それまでですし、何といってもお医者さんの一言は信憑性があります。

 

その数ヶ月後、命を取り留めることはできませんでしたが、風の噂では突然だったようです。

 

何かほかに手立てはなかったのかと、考えていても仕方がないことを、未だに引っ張ってます。

 

この心臓症候の軽い状態の方は、意外と多くおられます。
ストレスで疲労感とか、首肩こり背中のハリなどいっぱいおられます。
異変がなければ分かりませんが、違和感がないとしても定期検査だけでもしておいた方が無難です。

お客さまからの海外写真

1507177527676

 

海外旅行中のお客さまからラインが届きました。
インドネシア ボロブドゥール遺跡の写真です。

 

以前、インドネシアにお住いだったようで、現地のご友人と再会し、ボロブドゥール遺跡を観光すると話してました。

 

私も、ボロブドゥール遺跡の回廊レリーフの複製版と、バリ画を何枚かコレクショインにしてるので興味津々。

 

送られて来た画像を見ながら、何とも懐かしさが込みあげて来てしまって癒されました。

もしかすると、前世で毎日眺めていたかもしれません。

腰痛と背中のハリ、体調不良を経験して

カテーテル治療からひと月が経ちました。

 

予定に無い造影CTで、腎臓機能が落ち、術後のクレアチニン数値が2.7mg/dLまで上昇してしまい、かなりヤバ過ぎる厳しい状態でした。

 

もう少しで、ステージ4まで行ってしまうのかと、当時を振り返ると透析の話もチラホラ出ており八方塞がりでした。
そして、腎臓付近の腰痛と背中のハリと痛み、脚の怠さもつづいてました。

 

ひたすら麦茶を飲んでも、小水は二日間で一度のペースでしたので、自己責任で投薬を中止して腎臓と膀胱、門脈の調整を何度もやっていたら、ひと月弱で正常値に近づきました。

 

2.7→1.66→1.33→1.1mg/dL こんな感じでした。

 

先生曰く、「薬が効いてるみたいですね」と話してましたが、説明がめんどくさいので「先生のお蔭です」と話してます。

 

本当は、「薬は飲んでません」と話したら怒られそうなので黙ってました。

 

他の人が、このペースの施術で腎機能が改善されるかと云えば、難しいとしか言えません。

 

何故なら、一度の腎臓調整で一回の施術は終わりますが、私は一日に百回近くも調整をしてました。
暇さえあれば、頭とあらゆる腎臓反射点を調整してました。
反射点の調整は、痛みがありましたので、腎機能が落ちている事もすぐ分かりました。

 

最近は、お客さまに最低限の腎臓調整のやり方を教えてますが、そのお蔭で来院される期間が延びてますが、健康に近づけば、それでもいいと思います。

 

右半身の痛み、左半身の痛みで肝臓、脾臓症候なのかもしれませんが、その臓器だけ注視すれば、本丸の不調箇所が見えなくなります。
サプリや薬の効きにくさが、ここにあるかもしれません。

 

血液検査が正常で、腰痛、肩こり、体のハリ、足腰が重たい?
内臓の疲れは、血液検査で判るはずもありません。

 

あくまでも、内臓の調子の悪さとか、その延長の体調不良は医療機関の仕事です。
私たちは、健康体に戻すための調整にしか過ぎません。

顔のむくみと合わせ技

「顔のむくみと合わせ技」、何のことかといいますと、何かの切欠で体調不良になる方が時々おられます。

 

週末など、疲れて来ると体が重ダルくなるのは良くありますが、疲れてなくても手足が浮腫むとか、たまに特定の部位がむくむ時があります。

 

何かのアレルギー反応が一般的ですが、特定がむずかしい時もあります。

 

体の循環が良好になれば、段々とむくみは消えて行きますが、何故か消えない。

 

数年前から、たまに顔のむくみが出て2~3日で徐々に落ち着いて来るようです。

 

主訴は、肩こりと背中のハリ、疲労感でしたが、私としては、どうにも顔の浮腫みの方が気になってました。

 

何回か来院され、主訴は気にならない程回復しましたが、たまに出る顔のむくみが一向に改善しない。
ご本人は、主訴が消えれば希望通りなので、普通は卒業かメンテで来院される事となります。

 

色々と検査をすると「パスタ」が引っ掛かて来ました。

 

ご本人も、パスタが好きで良く食べているようです。

 

パスタを食べても、顔のむくみが出ない時と出る時があるまではつき止めましたが、そこから判らず膠着状態がつづきました。

 

アレルギー反応を診るには、医療機関の検査が手っ取り早いのですが、それでも判らなければ打つ手無しです。

 

科学的な検査で判らなければ、その人に直接問いかけるしかありません。
お客さまに、直接問いかけても判る筈もありませんが、何かの拒絶反応があるならば直接語りかけるしかありません。

 

「ご本人にも知らない記憶」と書きますと、何やら怪しげな話しですが、それで原因が判り好転するならば結果オーライです。

 

パスタと、何か影響を受けている飲食がカギだったのですが、分かったのがシロップでした。
ファミレスで飲んでいたジュースですが、すべてに当てはまるものでもありません。

 

何種類ものシロップ、どの成分かは判りませんが、シロップで微妙に反応が出ましたが、微々たる反応です。
普通は、見逃している程の小さな反応でした。

 

そこから、消化器調整の幅を変え内臓調整をして行ったら、顔のむくみが消えました。

 

ジュースが悪いという訳ではありませんが、飲食の食べ合わせと、どこかの内臓の疲れで、いつの日かアレルギー反応が出てしまう合わせ技、そんな事もあるのだなと勉強になりました。

店舗の契約更新と応用問題など

昨日は、仕事を終え帰宅途中に不動産屋さんに行きました。

 

店舗の賃貸契約更新のためです。

 

今回で、5回目の更新となりますが、15年前の日記をパラパラとめくると当時の厳しかった心境が幾らか蘇えってきます。

 

その中でも、本当に店舗に足を運んでいただいたお客さまのお蔭だと実感してます。

 

経営も、今までの成功体験を手本にすると、衰退しますので常に試行錯誤してました。
思考錯誤し過ぎて、何がなんだか分からず大いに悩みましたが、ここで休んだら良いものが生まれないと、自分自身に発破をかけてました。

 

会社員時代、週休一日で祝日も少ない時代でしたので、同じ流れで仕事と経営をこなしてました。

 

開業当初は、自信満々で仕事に没頭してましたが、有頂天になり過ぎて簡単な施術でも自信が持てない時期もありました。
鼻っ柱を折られた挫折感でしょうか。

 

今から思えば、有難いことに、自信が持てない症例のお客さまばかり立て続けに来られ、数ヶ月でやっと立ち直ることができました。

 

難しい症例のお客さまのお蔭で、かなり鍛えられました。

 

苦手な分野を克服するためには、苦手を謙虚に受け入れることだったのです。
そこが解るのに何年もかかりました。

 

ここを教えてくれたのが、開業する前に弟子入りした治療院の師匠でした。
はじめは、哲学の基礎知識だけで身に付いておらず、気持ちがついて行きませんでした。
しかし、人生の基礎から応用問題を解いて行く内に悩みも激減してきました。

 

それに、嫁さんの助言で救われたことは、言ういうまでもありません。

 

過去、いろいろありましたが、これからもっと大きな壁が何度も立ちはだかると思いますが、それはそれで有難いことだと思ってます。

反復練習のおもしろさ

今日は、夕方から来られるお客さまが少なかったので、嫁さんを土台に思いついていた手技を幾つかテストしました。

 

その殆どが、循環器の調整ですが、血流の流れを指先で感じながら調整を繰り返します。

 

同じ調整法でも、個人差がでますし、人に寄っては全く反応がない調整が逆に効いたりしますが、いろんな方法で試します。

 

根本調整と、痛みなどの不調の調整法は違います。

 

根本調整は、不調を感じる前ですが、いつからでしょう。
カイロプラクティックでは出産と同時などといわれてます。

 

私も、最初は出産ビデオを見せられ、「そうなのか」と刷り込まれてました。
実は、その前からなのですが、人体の不思議さもここにあります。

 

反復練習で、また違った角度から調整法を思いつきます。
100回思い付いて、物になるのは1%以下です。
常に考え続ける努力と挫折、達成感、そんな面白さがあります。




ご予約・お問い合わせ TEL:047-309-1779[完全予約制]

当院は完全予約制です。まずはお電話下さい!

メールフォーム
お客様の声 おかげさまでたくさんの方からうれしいお声をいただいております!

よくある症状

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 首痛
  • 腰痛
  • ギックリ腰
  • ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • その他の症状