椎間板症・坐骨神経痛・ヘルニア

カテゴリー別アーカイブ: 椎間板症・坐骨神経痛・ヘルニア

坐骨神経痛と椎間板症

営業終了後、一人の男性が施術について尋ねて来られました。

 

他の施術院で、電気治療をし腰から大腿の横、ふくらはぎにかけて痛みが消えず、椅子に腰かけながらも痛すぎて座り方を変え、どうしたら良いのか分からない様子。

 

特に、臀部とふくらはぎから足首の強い痛さがきついと話される。

 

症状は、施術院の先生から、坐骨神経痛と言われたようですが、坐骨神経もあるかもしれないが、ヘルニア系の椎間板症に似ている。

 

一週間に、三度の施術を勧められ、先ほど終わったばかりで、痛み変わらず電気治療で坐骨神経痛は効くのかを知りたいとの事でした。

 

電気治療はどんな治療器か分からないし、臀部の痛みが引かないのなら、多分、低周波治療器のことを話していると感じました。

 

ほんの数十分前に施術を受け、これから違う施術をするのもどうかと思いましたので、取りあえず、前の施術を解除する解毒施術をした後、簡単に骨盤矯正をしながら横隔膜の解放を行ってみました。

 

何分も前に、施術を受けたのにもかかわらず、体全体が硬かったので体全身を緩める骨盤矯正を5分間連続で行いました。

 

その後、だんだん腰に違和感が出たので終了。

 

低周波は、表層の筋肉には有効かと思いますが、臀部の深層の筋肉には効きにくい。

 

これが、施術の毎に、痛みが取り切れなかった理由ではないかと思います。

 

あえて、頭蓋矯正は行わず、数分間の施術で起き上がってもらいました。

 

臀部の痛みは軽減したものの、ふくらはぎの痛みはそのまま。
一番痛かった、足首の痛みが殆ど取れたようで、椅子に座っても歩いても痛みが軽減したのを確認し終了となりました。

 

二日後の予約を取って帰られましたが、一晩寝て、その後どうなるかはご本人の回復力次第です。

体のエネルギーを入れ替える

連休明けツイートを見ると、「リフレッシュできた、仕事頑張るぞ!」「仕事かー、行くのやだなー」の二つに分かれてましたが、翌日では「仕事が溜まって疲れ過ぎ」のコメントが見られました。

 

連休明けのお客さまの状態を診ますと、精神的な疲労で体が固くなっていますし、イライラ感が伝わって来ます。

 

電車に乗っても、いろんな人の何らかの不満の渦が、車両いっぱいに充満してます。
敏感に感じる方は、それだけで気持ちが悪くなるかもしれません。

 

人の思い、念ですが、その意識は他人に伝染しますし、その負の感情が体調不良の要因の一つにもなります。

 

負の感情が持続しますと、人体のエネルギーが体全体に流れにくくなります。
それが、内臓の働きを低下させてしまい、筋肉、関節の可動の低下、体のどこかに痛み痺れとなります。

 

施術では、負のエネルギーを抜きながら、正のエネルギーに入れ替えますが、同じ悩みを抱えていますと、また体に負のエネルギーが充満してきます。

 

ほんの少し、深呼吸して気持ちを入れ替えてみるのも良いと思います。

 

過ぎた怒りや悩みなどの執着は、あまり溜めないようにしていただければ、健康体に戻ってきます。

ストレッチのやり過ぎで腰痛

身体にとって、大切な成分は数多くありますが、カルシウムもその一つ。

 

カルシウムは、骨格を作り筋肉の収縮・弛緩、感情安定や傷ついた筋肉の補修にも欠かせない役割をしています。

 

腰痛や肩こりなどの筋肉の収縮により、血液中の酸素やカルシウムなどの栄養素の流れが遅くなると、更に肩こりや腰痛が強くなります。

 

傷ついた筋肉の箇所を、カルシウムがガツッと保護し修復させます。
優しいマッサージでは、筋肉の繊維は切れませんが、強揉み好きの方はピッキッと切れガッツッと修復を繰り返すので、だんだん筋肉が固く血行も流れにくくなりますので程々に。

 

ストレッチし過ぎの方も、筋肉の伸ばし過ぎで、同じことが起こる場合があります。
実は私もその一人です。

 

若かりし頃、筋肉を伸ばし過ぎたのか、知らない間に腱が固くなりすぎて仕舞には筋肉の可動範囲が狭くなってきて、はじめてやり過ぎが分りました。
カルシウムの補修で腰回りが石灰化したようですが、それが椎間板症のはじまりでした。

 

今は、運動不足で石灰化気味ですので、時々セルフで調整しております。

 

このストレッチのやり過ぎの方は、時々いらしゃいますが、余分な石灰化を流すまで手を抜いて下さいと話しております。
でも皆さん、自力で何とかしようと思うのですね、私みたいに。

腰痛の原因は意外な場所でした

椎間板症で、はじめて来院されたのが12年前。
腰から脚にかけて痺れがあり、初回から数回までは腰痛は少なくなるも大腿部のしびれが取れず、ふくらはぎまでも痺れが下がってしまいました。

 

毎週、仕事帰りに来ていただき、体幹調整と可視光線療法も加え、しびれが徐々に少なくなり、通算14回の四ヶ月間で施術を終えました。

 

その4年後、再発で同じような状態にはなりましたが、初回の回数まではかからず数回の施術で改善しました。

 

そして今回は、かなり苦戦しております。

 

今回は、足の痺れは無いものの、腰全体が石化にも似たような筋肉の固さで骨盤矯正(体幹調整)をして、腰の柔軟性が出てきても2~3日で元に戻ってしまう事の繰り返しでした。

 

もう一つ、気がかりだったのが頭の問題でした。
数年前は、内臓調整など補助程度しか行ってませんでしたが、最近では内臓矯正をサブからメインに診ますが、肝臓の反射点が尋常ではない程働いてませんでした。

 

会社の健康診断では問題なしのようですが、100%で働いているわけでもないですし、機能低下など正確に数値に出づらく、健康でピンピンしてる人が突然命の危機になるのがこのパターンだと思います。

 

元々、胃腸が弱いと話してましたが、何よりもお酒に弱いと伺ってましたので、何十年も肝臓解毒の働きが落ち続けていると判断できます。

 

そこで、体幹調整と肝臓、胃腸、回盲弁調整を毎回しても、気になる肝臓が思うように好転してくれなくて、試行錯誤の繰り返しでした。

 

胸腰筋膜(特に右)、内臓(特に肝)、頭蓋(左傾斜)と、いろいろありますが、最近わかったことは、五十年前に盲腸の手術をしていたことです。

 

子どもの時から胃腸が弱く、術後さらに弱くなったようです。
この事実を、私の方から尋ねなかった落ち度。
胃腸が弱かっただけで、気にも留めなかったこと。

 

前にも、年配の女性の腰痛問題が、五十数年前、一時期にかなり重い生理痛だったことが分りました。
その時も、まさかそんな何十年前の生理不順が、腰痛の原因だったとは思いも寄らなかったことで、回復に時間がかかった経緯があります。

 

虫垂を切っても、脳神経は存在してると認識してますので、無い筈の臓器の調整をしてみたところ、広背筋の収縮が何時もよりゆるんだ感じで、一週間後ご本人からも、腰の張りが少なくなって痛くない日が延びたと話していたので、もしかすると虫垂だったかと思ってます。

 

まだ、調整しなければならない臓器はいくつかありますが、その事に気がつくまで三ヶ月もかかってしまいましたが、これまで改善すると信じて通っていただいたお客さまに感謝したい心境です。