カテゴリー別アーカイブ: 腰痛

人の感情で痛みが出る

施術ベッドに、横になれない腰痛のお客さまが時々来院されます。

 

ベッドに横になって、起き上がる事もできないお客さまは、施術の2時間前に痛み止め飲んで来ていただく事もあります。

 

痛み止めを飲んでも、痛みが消えない時もあります。

 

そのような痛みのある方は、骨盤調整ができませんので、座ってオステオパシーを行います。

 

座ることもできない方は来られませんが、先ずは横になってもらえるまで、体幹の捻じれと内臓のねじれを多方向から調整します。

 

「この痛みは、いつ治るのだろう」と、心配し過ぎや怒りでも改善を遅らせます。
人の感情で痛みや痺れるケースが多くなってます。

 

長年の不調が極まって、体に痛みが出てくるので、2~3回位の施術ではよくなりません。

 

どこかの内臓が疲れると、働きが落ちますが、内臓の体力が落ち過ぎると体に痛み、痺れとなって感じるようになります。

 

落ち込みやすい人で、元気な人はいませんし、内臓疲労の原因になります。

 

今までの生活習慣を、ほんの少し変えていただくことが、痛みの改善と再発防止の早道です。

体内の添加物を解毒する

ここ数年で、多くなった肩周辺のこりと痛み。

 

スマホなどの普及で、正しい姿勢が保てなくなったと言われ続けてます。

 

すべては、体の血の巡りが落ちていることが最大の原因ですが、血流を阻害しているトリガーは、一体何処なのかを探し取り除くことができれば、体の痛みは消えます。

 

身体のこり痛みは、気になる箇所とは別の場合が多くありますので、そこの根本を調整をしない限り慢性的なこり痛みはつづきます。

 

スマホやゲームを使う方は、横隔膜に異常がでてますが、肺と心臓も弱くなってます。

 

スマホ、ゲームをしない人でも、特に高齢者の胸部は固く、肺炎の死亡率が高いのは納得できますが、今は胸部の固着は低年齢化してます。

 

もう一つ、大きな問題が添加物の摂取です。
これは、外食や洋食中心の方に診られる肝臓症候の体調不良は群を抜いてます。
最初に来られた方、メンテで来られる少数の方の肝臓腎臓は、ガシッと重たくなってます。

 
肝臓の解毒作用が間に合わず、新鮮な血液が体中に届かないく、更に肩こり腰痛、その他の体調不良になる方が圧倒的です。

 

今や、添加物の入ってないものは少ないでしょう。
調味料にしても、なんとか風調味料の表示で判りますが、無添加もほんとうに疑ったらきりがないので少量だけにしましょう。

 

何かの油と食品添加物を何十年も摂ってると、キレる、だるい、血行不足、精神的落ち込み、他いろいろあります。

 

止めたからと云って、すべてが体から排出されるわけでもありません。

 

内臓調整と頭蓋調整は、悪いモノを排出させ、血流を全身に流し免疫力を上げる為の施術法です。

原因不明の痛みは時間がかかる

体の痛みしびれなどの疾患には、急性などあり得ないと感じてます。
確かに、感じる痛みは、当日や数日前に痛み出したかもしれませんが、その原因は数ヶ月から数年、数十年以上も前から、徐々に進んできたものばかりです。

 

その状態を裏付けているのが、一つの症状を取ると、また違った痛みが出てくる、或いは痛みが移動する状態です。

 

現在の状態と、過去に何らかの疾患が在ったかは、とても重要になってきます。
過去、何かの体調不良だったが、その内不調が出ていないなら完治したのだろうと考えがちです。

 

アトピーなども、子供の頃ひどかったが、成人してから皮膚の状態に何も問題がない、これからも大丈夫だろうと思いがちですが、アトピー疾患の種はまだ身体の中に存在している事も多々あります。

 

痛み、しびれ、張り、原因不明の疾患は、そもそも全身の血のめぐりが悪いわけですが、例えば、肝臓に関係した疾患、肝臓症候は殆どの方のテストで陽性が出ますが、お客様にその事をお話しすると「それはあり得ない」と断言されますが、何年も食べ物に添加物を使ってる以上、肝臓を酷使しつづけると、体の痛みやしびれにつながります。

 

また、大気汚染でも内臓に負担がかかり続けます。

 

毎年、医療機関でも改善できない原因不明の方が来院されてますが、最初は単なる肩こり時々腰が重い程度だったようですが、晩年になるとサプリを飲んでもマッサージをしても効かなくなり、辛い日々の連続です。

 

「2~3回の整体で何とかなりませんか?」と言われる時がありますが、体の中で異常がでているから痛みとして感じて来たので、原因不明の疾患は短期間で改善しにくいです。

 

将来、健康を保つには、骨格の歪み、筋肉だけだはなく、体全体の調整が必要になります。

肩こり、腰痛、改善と予防

どこの病院に行っても、診療を待つ患者さんでごった返してます。

 

疾患になられる人は、それぞれだと思いますが、突然体調不良になる人はいないと思います。

 
体調不良になる、何かのサインは必ずありますが、診療前の待ち時間が長いとか、健康より仕事を優先すれば、だんだんと体調はくずれて来ますが、まだ大丈夫だと高を括る人は意外に多いかもしれません。

 

先日、病院内で十年ぶりにお客さまとお会いしました。
数年前に、脳梗塞をされたらしく、定期検査で病院に通っていると話されてました。

 

お客さまの話しを総合すると、以前来られて時は、腰痛と腰の重みで来院されたようですが、少し楽になってきたところで行くのを止めたようです。

 

今となっては、梗塞をどうすることもできませんが、将来、頭関係の疾患になりそうな方はいっぱい居られます。
脳内環境が優れていない方はいっぱいいます。
特に小脳、下垂体は多い。

 

お客さまに聞かれても、これからどうなるかなどは分りませんが、肩こりもそうですが、何らかのサインがあるのなら改善と予防は大切だと思います。

腎臓と腰痛の関係

内臓の働きが落ちると、どこかの筋肉に違和感を感じることがあります。

それを「内臓一体性反射」といいますが、腰痛の場合は腎臓の働きが落ちてます。

 

もちろん、腰痛の場合は腎臓だけだもないですが、下垂したり背中寄りにズレたりして、大腰筋周辺が固くなって血行が悪くなり痛みがでます。

 

元々、腎臓に何らかの持病がある方もおりますが、検査で引っかからない方の方が多くおられます。

 

腎臓疾患を治すのは病院ですが、こちらは腎臓の働きを上げる施術をします。
また、腎臓とその他の臓器も一緒に調整するので、一度の施術で改善できない場合があります。

 

腎臓症候で、慢性的な腰痛や股関節痛、脚のトラブルの殆どは腎臓の働きが落ちてます。

感情で痛みが強くなる

健康維持に欠かせない、食事は腹八分目、適度な運動とより良い睡眠。

 

体調不良の原因は人それぞれですが、その原因を大きく二つに分けるするならば、肉体的な酷使と葛藤です。

 

酷使と葛藤、どちらも、やり過ぎは体に毒です。

 

体を、あまり労わらない生活をしていれば、何年か先には不具合が出て来るでしょう。
医療機関の検査で、問題がなかったから大丈夫だと思っても、肩こり腰痛があるのなら、検査では判らないところに何かの問題があって、肩こり腰痛として体に表れているかもしれません。

 

身体の機能は、年齢を重ねるごとにだんだんと衰えていきます。

 

もう一つが、意外と多い気分の問題です。

 

痛みで来られているお客さまは、イライラや怒りの感情が強いほど、痛みが増すと話されてます。
では、イライラ感や怒りの感情を抑えれば、痛みが軽減するかといえば、そうとも云えず、マイナスの想いはすべて身体の不調として表れてきます。

 

家族や周りに、怒りっぽい人や取り越し苦労の人がいると、気分はどうでしょうか。
楽しい気分になるでしょうか。

 

逆に、笑顔と笑いが絶えない人が傍にいると、元気になってきませんか。

 

人の感情は伝染するのです。

 

施術側の私も、マイナスの想いがあると、物事が上手くいかなくなるので毎日修正しています。
少しでも、悩みや葛藤があると直しづらくなって来ますので、正しい見方を身に付けるよう心掛けています。

 

悩みや怒りなどの感情は、自己治癒力低下につながります。
マイナスの感情を抑えることで筋肉も収縮させてしまいます。

 

思うように感情を変えられなければ、変えられるように体内環境を調整しますが、ほかの誰かに怒りや不満を発散される方、自分を変えたくない方は個人差もありますが改善スピードが落ちます。

ストレッチのやり過ぎで腰痛

身体にとって、大切な成分は数多くありますが、カルシウムもその一つ。

 

カルシウムは、骨格を作り筋肉の収縮・弛緩、感情安定や傷ついた筋肉の補修にも欠かせない役割をしています。

 

腰痛や肩こりなどの筋肉の収縮により、血液中の酸素やカルシウムなどの栄養素の流れが遅くなると、更に肩こりや腰痛が強くなります。

 

傷ついた筋肉の箇所を、カルシウムがガツッと保護し修復させます。
優しいマッサージでは、筋肉の繊維は切れませんが、強揉み好きの方はピッキッと切れガッツッと修復を繰り返すので、だんだん筋肉が固く血行も流れにくくなりますので程々に。

 

ストレッチし過ぎの方も、筋肉の伸ばし過ぎで、同じことが起こる場合があります。
実は私もその一人です。

 

若かりし頃、筋肉を伸ばし過ぎたのか、知らない間に腱が固くなりすぎて仕舞には筋肉の可動範囲が狭くなってきて、はじめてやり過ぎが分りました。
カルシウムの補修で腰回りが石灰化したようですが、それが椎間板症のはじまりでした。

 

今は、運動不足で石灰化気味ですので、時々セルフで調整しております。

 

このストレッチのやり過ぎの方は、時々いらしゃいますが、余分な石灰化を流すまで手を抜いて下さいと話しております。
でも皆さん、自力で何とかしようと思うのですね、私みたいに。

筋膜と頭にも膜がある

2017y02m05d

 

肺の呼吸は、胸に手を当てて息を吸うと、肺がふくらむと同時に胸に置いた手も動きます。

 

もう一つの呼吸は、脳の呼吸といいまして、肺呼吸とは違い生命力である脊髄液を生産して、体に流す役割があります(お母さんのお腹の中で胎児が呼吸、出産されても生涯維持)。

 

脊髄液が順調に流れませんと、回復力が落ちます。
痛みも取れませんし、疲れもとれません。

 

肺呼吸は、胸骨が上下に動きますが、脳の呼吸は図の矢印ように、頭蓋の場所によって動き方が違います。

 

何らかの体調不良によって、どこかの頭の骨が動きにくくなります。

 

肩こりや腰痛などでは、一般的に筋膜の捻じれが原因とされますが、脳にも、脳を覆う膜(3層)がありまして、その膜(特に硬膜)のねじれで、いろんな不調に陥ります。

 

頭の膜の捻じれが多いと、頭自体が捻じれてきます。
頭の膜は、硬膜、くも膜、軟膜の三層に分かれてます。

 

肩こり、腰痛関係でお越しのお客さまは、どこかしらかの頭の膜がねじれ、頭の骨が動いてません。

 

医療機関で原因不明の不調は、この膜のねじれが原因になることがあります。

 

オステオパシーで、頭の膜の捻じれを調整しますと、回復力の脊髄液も循環良く流れ、多くの体調不良が改善され、晩年になってもダメージは少なくなると思います。

体幹の捻じれ

肩こり、腰痛、首痛や他の体調不良の方は、骨盤も歪んでますが足も歪んでます。

 

足のくるぶしを含んだ関節を診ています。

 

今までは、くるぶしと足首を調整してました、くるぶしを含めて片足28個の骨を診てます。

 
両足で56個になりますが、一ヶ所ずつ調整すると時間が掛かりすぎるので、肩こりや腰痛などの状態に合わせて、足の骨を調整しています。

 

歩く、立つに必要な足は、捻挫以外でもその方のクセでも歪みますが、体幹の捻じれに直結します。

 

肩こり、腰痛のお客さまも、足のどこかしらかの関節に制限がかかってますので、制限された関節を解除しています。

 

関節がかなり固い方は、一度では完全には解除できませんが、何度か調整している内に、頭を含めた体全体の歪みが正常に戻って、健康体になってきますので、腰痛、肩こりだけではなく風邪の予防などにも効果的です。

脳圧を調整して健康体に

2016y12m08d-1

 

腰痛、肩こり、坐骨神経はもちろん、他の体調不良も、脳内から体に流れている脊髄液や血液の流れが遅く、しかも脳圧が高いため頭が重くなります。

 

胸に手を当てると、呼吸のたびに肺がふくらみ、胸が上下しているのが判ります。

 

頭(脳)も、常に呼吸をしていまして、頭蓋が微妙に一定方向に動いています。

 

体調が悪くなると、例えば、おでこ(黄色)の部分の骨が、3方向に動くところが1方向になると健康を維持できなくなります。
他の色分けしている骨も同じです。

 

どの位の確率で、骨が動かなくなるかと云いますと、単なる肩こり、体の疲れだけでも動かなくなります。
肩こりがなくなったとしても、骨の動きは完全には戻りません。

 

体調不良で来られるお客さまは、どこかしらかの骨の動きが制限されています。
骨の動きが制限されているということは、骨の内側の膜(硬膜)にねじれが生じていることを意味します。
頭蓋の動きの制限は、やがて頭蓋を歪ませますので、脊髄液の流れも同時に流れにくくなります。

 

脊髄液の流れは、生命力、免疫力であり回復力ですから、その流れが少なくなると、将来何らかの体調不良になります。
肩こり、腰痛ならまだしも、回復力が徐々に少なくなるのですから、どんな体調不良になるかは判りません。

 

健康体を維持させるには、痛みを我慢されず、何よりも体全体の調整が大切だと感じます。