カテゴリー別アーカイブ: 産後の骨盤矯正

筋膜と頭にも膜がある

2017y02m05d

 

肺の呼吸は、胸に手を当てて息を吸うと、肺がふくらむと同時に胸に置いた手も動きます。

 

もう一つの呼吸は、脳の呼吸といいまして、肺呼吸とは違い生命力である脊髄液を生産して、体に流す役割があります(お母さんのお腹の中で胎児が呼吸、出産されても生涯維持)。

 

脊髄液が順調に流れませんと、回復力が落ちます。
痛みも取れませんし、疲れもとれません。

 

肺呼吸は、胸骨が上下に動きますが、脳の呼吸は図の矢印ように、頭蓋の場所によって動き方が違います。

 

何らかの体調不良によって、どこかの頭の骨が動きにくくなります。

 

肩こりや腰痛などでは、一般的に筋膜の捻じれが原因とされますが、脳にも、脳を覆う膜(3層)がありまして、その膜(特に硬膜)のねじれで、いろんな不調に陥ります。

 

頭の膜の捻じれが多いと、頭自体が捻じれてきます。
頭の膜は、硬膜、くも膜、軟膜の三層に分かれてます。

 

肩こり、腰痛関係でお越しのお客さまは、どこかしらかの頭の膜がねじれ、頭の骨が動いてません。

 

医療機関で原因不明の不調は、この膜のねじれが原因になることがあります。

 

オステオパシーで、頭の膜の捻じれを調整しますと、回復力の脊髄液も循環良く流れ、多くの体調不良が改善され、晩年になってもダメージは少なくなると思います。

葛藤、ストレスと体調不良

人は、何らかの葛藤を常に抱いています。

 

自分では、どうすることもできない悩みがストレスになりますが、そのストレスの強さによって、体調不良を引き起こします。

 

体調を自動的に良好にするための自律神経までも、正常に働かせなくなる程のストレス。

 

長年の葛藤、取り越し苦労が強いと、腰痛、肩こり、他の疾患になります。

 

怒り、憂い、不満などの負の感情は、頭で考えれば考える程に、神経のネットワークを通じて内臓にダメージを与え続けます。

 

強い喜怒哀楽の感情で、体調不良になる筈がないと思う方が殆どです。
施術期間に個人差があるのが、この葛藤だと感じます。

 

悩みを最小限にする方法は至ってシンプルです。
シンプル過ぎて、実行に移せない方は改善スピードが落ちてしまいます。

 

改善スピードを上げるために、施術側の私自身が悩みを皆無にするしかなく、実際ストレスなく充実している日には、かなり良い結果として表れます。

 

私自身が体調万全でも、お客様のストレスをまともに受け続けますので、精神的な限界はあります。
しかし、その限界も、翌日まで残さずその日の内に排除します。

 

施術後は、お客様のストレスは下がりますが、お話しする考え方を理解されない限り、ご本人の葛藤は取れません。
施術で、瞬時に人格までは変わらないのです。

 

施術後に、同じ悩みを抱かなければ痛みは早く改善して行きますが、葛藤の意味を解らずにいると、また同じように、どこかに痛みが表れてきます。

気持ちと痛みの関係を、どう対処するか、それが私の課題です。




ご予約・お問い合わせ TEL:047-309-1779[完全予約制]

当院は完全予約制です。まずはお電話下さい!

メールフォーム
お客様の声 おかげさまでたくさんの方からうれしいお声をいただいております!

よくある症状

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 首痛
  • 腰痛
  • ギックリ腰
  • ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • その他の症状