新着情報

カテゴリー別アーカイブ: 新着情報

体調不良の自己体験

カテーテル治療から三週間が経ちました。。

 

最小の造影剤使用の予定から、急遽、何度も造影CTを撮ることになり腎臓と膀胱機能がすこぶる悪くなりました。

 

術前から、点滴で頭がパンパンになり、頭全体を触ってもカチカチになってました。

 

この状態は、疲れ切ったお客さまと同じように、数年前は手の施し様がない状態ですが、最近では最後に何とか頭の血流を一定にして施術を終了します。

 

頭痛がし、頭が腫れ上がるようカチカチになり、少ししたら肩と腰が張って来て、仕舞いに全身が痛くなって来る状態です。

 

その痛みから、予定に無かったCTを撮り、また予定に無かった造影剤もどんどん投与して、完全に腎不全状態になり二日間で2回しかトイレに行けませんでした。

 

術前の一日半は、全身の痛みを堪えながら、知り得る限りの内臓と頭、経絡の自己調整をし、少しは痛みを緩和させることができましたが、2~3時間で強い痛みが戻ってしまうことの繰り返しでした。

 

常に点滴をしてるので、自己解毒にも限界がありました。

 

術後、予期していたことでは、血清クレアチニン値が限りなく3.0に近づき、先生から透析の話しもちらほら話題になる事に。

 

自分でできる事は、循環器と泌尿器の調整ばかり。
同じ臓器の反射区である頭は、異物が体内に入ったせいでかなり固くなり、内臓の循環が悪くなっていることが判ります。

 

内服薬が効かない方は、効かない内臓機能になってるわけですが、一時的に大量の投与は副作用の実体験が確認できましたし、長年何らかの投薬は、積もり積もって体に影響を受けるとしみじみ感じました。

 

今回、教科書では判らない実体験を通して、自分なりの施術体系を改めて確認できました。
また、薬の副作用は大きく、自律神経の流れが正常になってないため、今までなかった睡眠障害や頭痛になってます。
継続的に、解毒をして行けば、そんな症状もしまいになくなる筈です。

 

それを裏付けるものとして、クレアチニン値が1.6にまで落ちて来ました。
まだ、基準値をはるかに超えてますが、血流不足で傷ついた内臓の調整をつづければ、そこそこ数値はもどり薬も減らせると思ってます。

 

今回は、あまり体験することのない機会でしたが、数値に表れない肩こり腰痛の不調が、将来の大病につながることを再確認できました。

冷たい飲み物は程ほどに

先月末から、お客さまを診ておりますと頭の固さが目立っております。

 

丁度、暑くなり始めた時で、冷たいものを多く摂っていると思われます。

 

特に、頭の腎臓反射区の固さは、顕著にあらわれておりまして、ストレスと相まって顔が微妙に歪んでおります。

 

私も、病院で血管拡張剤の点滴を一日中された時、全身が痛くなり、頭がバクハツする寸前のように大きく固くなってましたが、あまりの痛さで、自分で薬剤を解毒しましたが、あの痛みは二度と味わいたくありません。

 

薬剤を投与しなくても、同じような状態のお客さまが数多くおられました。

 

この季節、頭の水分過多で体調を崩す方が多いと思いますが、医療機関に受診しても、ただの疲れで終わります。

 

暑い時の水分補給は大切ですが、就寝前だけは温かい飲み物を飲めば、腎臓に負担をかけずに済むと思います。

腰痛肩こり、大病のはじまり

連日の曇り空で過ごしやすい反面、日ごろから水分補給が多い方は、秋になってから体調不良になる可能性が予想されます。

 

夏の猛暑では、水分補給が欠かせませんが、今の気温は体内に水分が蒸発せず溜まりやすく、水毒気味の方が多いです。

 

頭蓋の反射区でも、脳呼吸と共に動く筈の骨が動かない場所が多く、顔自体が歪んでます。

 

こうなると、お化粧ののりも悪く顔が膨らんでしまいます。

 

施術前と施術後では、顔のハリに違いがでますし、施術前の疲れ切った顔から、何かいいことが有ったような、うきうきした顔に変身できると思います。

 

とはいえ、こちらでは美顔に力を入れているわけでもないのですが、体の調整をすると顔つきまで変わるということです。

 

水分が体に溜まり、余計なものが排出されませんと、そこから腰痛や肩こりなどに移行してきます。

 

痛みや痺れなどは、これからもっと大きな体調不良になるサインですから、肩こり腰痛はまだ中間地点の不調といえますので、慢性化にしないことが肝心です。

連休中、ひそかな楽しみ

昨日で、お盆休みも終わり、今日から出社される方は多いと思います。

 

お盆休みで、観光地に行かれた方は、どっと疲れが倍増してしまったかもしれません。

 

私は、臨時休暇を含め4連休を取らせていただきましたが、入院とオペで休みを全て使い切りました。

 

私と同じ事を考えている方が、意外に多くいたことに驚いています。
連休など取れない方々が、お盆などの時期に、一斉に入院し手術を受け退院する時代なんだと感じます。

 

今回の手術に合わせて、腎臓の調整をしてましたが、予期せぬ造影剤投与で、またクレアチニン値と尿素窒素が跳ね上がり、腎臓が厳しい状態になってますが、自己調整で基準値になるよう目指そうと思ってます。

 

それでも、入院中のひそかな楽しみは、世界陸上で日本選手の健闘ぶりが、気力を復活させる糧になったことです。

・・・にもかかわらず

rakuda01

 

今日は、台風にもかかわらず大黒海づり施設に行って来ました。

 

前日まで、銚子港に行こうと思ってましたが、台風であきらめてました。
朝起きたら雨が降っておらず、風の影響が少なそうな横浜に急遽行くことにしました。

 

海釣り好きなお客さまから聞いていたトリックサビキを、近所のキャスティングで買い求めた結果、青物ばかりが釣れました。

 

また何処かの海で、嫁さんはサビキ専門で、私はジギングで楽みたいと思います。

春夏秋冬の肩こり腰痛

肩こりでも腰痛でも、他の体調不良でも、春夏秋冬の疲れが残っている方がかなり多くおります。

 

冬に発生した肩こりと、夏に発生した肩こりに違いがあります。

 

私も、三年前まで、そのような事を考えてませんでしたし、施術も季節によって分けたこともありませんでした。

 

それまでは、神経反射テストと内臓反射(CMRT)で施術してましたが、手技には上には上があるということで、内臓調整だけでも三種の現行調整スタイルを取ってます。

 

はじめてのお客さまは、4シーズンの不調が顕著に表れているので1~2回の施術では根本が取りづらいです。

 

一回の施術で、血気が流れる方と流れにくい方がおります。
一回で流れない方は何故かといいますと、流れない程疲れを溜め込んでいて内臓器官が正常に働いていない方です。

 

根本原因が取れなくても、辛くなったら来院される方はおられます。
施術後中に、至福のリラックスタイムを楽しみに来られるお客さまもいます。

 

施術中に、リラックスされているお客さまは、独特な血気の流れがあります。

 

血の流れは手感覚でわかりますし、気の流れも目視で分かります。

 

4シーズンの疲れが溜まっている方は、一気に疲れを抜くと、眠さや疲れがでるなど調整反応が出る時があります。

 

その為、はじめての施術は控えめに調整します。

 

4シーズンの疲れが、施術以外で調整が可能かといえば可能です。
今まで、何人かのお客さまがガラリと体調が良くなってました。

 

その方法は、今のストレス疲れの根源をすべて切ることです。
環境が変われば、本当に劇的に体調が変わります。
驚くべき治癒力です。

敏感体質を調整する

ここひと月の間、体調が優れない日が何度かありました。

 

お客さまの疲れが、一気に自分の方に流れ込んで来て、対処できない日が続きました。

 

この現象は、整体師なら誰でも体験することですが、敏感でない方には解りません。
私は、いろんな意味で敏感体質です。

 

開業当初も、この難題にブチ当たり気力も体力も限界の中仕事をしてました。

 

その頃は、自分の思い通りにならないと、よく不満を口にしてました。

 

「施術者は、すべてが健康でないと人を治せない」と、開業前に弟子入りしていた師に言われ、整体を学びながらメンタルの方も学んで行きました。

 

愚痴が出るのは、自分の未熟さが原因だったことも解り、足ることを知る追求を謙虚に学んで行きました。
要するに、道徳観が身に付いていなかったのです。

 

「人に親切にしましょう」と教えられながら、苦手な人嫌いな人がいる時点で、道徳が身に付いていないのが分かります。

 

そんな事を初心に戻って心を清めて行ったら、段々と愚痴や不満が少なくなり施術力も充実してきました。

 

その基となっている教えが修養です。
新渡戸稲造氏の武士道、渡辺昇一氏が書かれている人生哲学です。
やさしい初歩から、偉人を見習って器を広げる努力をして行きました。

 

しかし、不満の人生の方が長かった為、不満を消しつつも、不満が身についてましたので、時々よこしまな想いを馳せる時がありました。

 

今回も、ネットニュースの政治、芸能のゴシップ記事を見ながら、その関連記事を根掘り葉掘り読み込んで行く内に、体調がだんだんと崩れてしまったのが分かりましたが、読むのをやめるまでには至りませんでした。

 

人のあら捜しとか噂話に翻弄されると、人間は堕落して行きますし正しい見方ができなくなります。
品性がダダ落ちすれば、人間関係の調和などできなくなります。
よって、体調も思わしくなくなり不満がでてきます。

 

思考の正しさ修正を、先日から始めましたが、軌道に乗るまであと数ヶ月はかかると思います。

 

偉人の言葉を読むと哲学的で感動します。
「いい言葉だなー」と感じただけなら、それでは身に付きません。

 

知行合一、知ったら実践しなきゃ意味がないです。
そんなことを、毎日思慧しています。

今日はドック検査に行きました

今日は、ドック検査の後半戦で、朝早くからRI検査に行ってきました。

 

注射で入れた薬剤が、順調よく流れているかの検査です。

 

RIは、数年に一度やってますが、検査時間はかかりますが至って簡単な検査です。

 

午前中は、大型のルームランナーに乗って歩き、心臓に負荷をかけて行くのですが、いつも運動不足を実感してます。

 

今回も、楽勝だと思ってたRI検査ですが、傾斜角度を上げてしばらくすると胸が息苦しくなり失神寸前になりました。

 

大動脈弁辺りを中心にして、思いっきり苦しくなりました。
「もしかすると、親父と同じ目に遭うのかもしれない」と、だんだんと記憶が薄れて来て、検査技師の方々が何かあわててましたが、それからの記憶がありません。

 

父親も、入院の退院日に、血管造影剤の最終検査で息を引き取りました。

 

それからと云うもの、自分の中で造影剤関係がトラウマになってるかもしれません。

 

検査から数時間が経ち、体調も良くなって営業を再開してますが、今まで感じられなかった動悸が収まりません。

 

検査や手術は、多少のリスクがありますが、自分ででどうする事もできないですから専門家に任せるしかないです。

 

病院の検査で、毎回思うことと云えば、静脈注射で血管が判りにくいからといって、左右の腕に何度もブスブス射すのだけは勘弁して欲しいです。

「The Rose」 想像力で健康回復

先週の今頃は、原因不明の高熱で身動きできずにいました。

 

それでも、朝にはベッドから起き、支度をして店舗に向かい、ご予約のお客さまを施術するまで回復できたのは、あることをしていたからだと思っています。

 

それは、イメージングです。

 

前夜から、高熱と気持ち悪さで寝ることもできず体が震える中、翌日施術に来られる人たちの笑顔をイメージしてました。
でも、気持ち悪さで集中できませんので、途切れとぎれのイメージです。

 

時々、お客さまにも、「お客さんが、体調不良を克服し元気になって、してみたいことをイメージしてください」と良く話してます。

 

「お客さん自身が、脚本家であり映画監督であり俳優なので、自分の好きにイメージしてください」と話してました。

 

このイメージ力は、父親から教えてもらったものです。
父親も、業種は違いましたが北小金で開業してました。

 

二十数年前に、病を患って何度か入院する中、病床で二人きりになった時「私にもしものことがあったら、これだけは覚えていなさい」と言われた言葉があります。

 

それは、想像力です。

 

「将来を想像して、頑張りつづければ必ずお前の望むようになるから」と、それが最後の言葉でした。

 

その後二十年近く、その意味が全く理解できず仕事に追われていました。

 

その想像力が理解できたのは、整体院を開業してからです。

 

人は、無限の可能性があるといわれますが、その通りでした。

 

誰でも、想像することが可能ですが、楽しい時も落ち込んだ時も、希望が達成した時の嬉しいイメージを見続けることです。

 

自分がどうなりたいか、どうなったら幸せかをイメージしつづけて見る。

 

一日の内、希望が達成したイメージよりも、不満のイメージが強ければ、希望は達成することはありません。

 

もし、希望が持てなければ、過去体験した嬉しかったことを思い出してみましょう。
一瞬でなく、何日も楽しいことを思い出すと気分が爽やかになってきます。
健康も回復し仕事も充実してきます。

 

父親が生前好きだった曲があります。
「The Rose」
ここ数年、その曲を聴きながら、楽しかった頃を想いだしています。