椎間板ヘルニアの主な原因と基本的な治療法

腰痛や脚(太もも、ふくらはぎ)にシビレや痛みがありませんか?

椎間板ヘルニアの主な原因は、背骨(椎骨)の歪みや老化などで、椎間板が神経を圧迫し痛みを誘発します。

背骨の歪みを正し、突出(ヘルニア)した椎間板と神経の接触部位を最小限に戻すことで、痛みや痺れが回復し徐々に楽になって行きます。

椎間板ヘルニアも、検査によっては坐骨神経痛、脊椎狭窄症を伴う複合痛の時もあります。

 

こんな理由も肩こりの原因に・・・

  • 医療機関でレントゲンやMRIを撮りヘルニアと診断された。
  • 立っているだけで片足、両足の後ろや横に痛みや痺れが出る。
  • 腰痛と脚の痛みで歩行が困難になる。
  • 就寝してから、夜中や明け方に太ももからふくらはぎが痛み出し寝られない。

こんな理由も肩こりの原因に・・・

医療機関で、椎間板ヘルニアと診断された方にお話しして居りますが、仕事上、疲労までは腰の痛みや朝の起きる時に痛みが出る場合がありますが、疲れが過労まで進行しますと脚のシビレや痛みに発展し歩行困難となりますので、
できるだけ早目に施術をされた方が回復度が向上して来ます。

こんな理由も肩こりの原因に・・・

その時点の検査によって適切な矯正法を行います。
「椎間板ヘルニアだから、この矯正法だ」と言った固定概念を持たず、
施術前の検査で矯正方法を決めます。
施術開始時には矯正間隔を開けず、痛みが軽減してきたところで間隔をあけて行きます。
おおよその施術間隔は、スタート時は一週間に二度ほどの矯正がベストですが、お客様のご都合に合わせて行います。
骨盤矯正前には、痛みの度合いを診ながら治癒効果の高い可視光線療法を行い、体の免疫力も向上させます。

ご予約・お問い合わせ TEL:047-309-1779[完全予約制]当院は完全予約制です。まずはお電話下さい!

メールフォーム
お客様の声 おかげさまでたくさんの方からうれしいお声をいただいております!<br />
当院の特徴
料金のご案内

よくある症状

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 首痛
  • 腰痛
  • ギックリ腰
  • ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • その他の症状