坐骨神経痛の症状は、腰─臀部(お尻)─大腿の後ろ(太もも)─ひざ裏─ふくらはぎ─足裏までの痛みや痺れがあります。個人差にもよりますが、一般では臀部や太ももの後ろに痛みが生じ、
長時間座っている事も立っている事もできなくなります。坐骨神経痛が進みますと、ふくらはぎの痛みが増し、特に就寝時の夜間痛(深夜から明け方)で寝られなくなってしまいます。

坐骨神経痛

梨状筋症候群(坐骨神経痛)

梨状筋症候群では、臀部(お尻)の奥の筋肉を梨状筋と呼びます。
運動や座り放し、冷えなどで梨状筋が硬直し坐骨神経を圧迫した痛みが生じます。
坐骨神経の一部が梨状筋に貫通したところも在り、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどと同時に痛みが生じる時もあります。

梨状筋症候群(坐骨神経痛)

施術法では

検査により梨状筋、坐骨神経痛の矯正法を行います。
はじめは施術間隔をあけず、痛みが少なくなってきたら徐々に施術間隔をあけて行きます。
痛みの度合いを診ながら、並行して治癒力の高い可視光線療法を矯正前に行います。
また、内臓矯正で内臓の機能低下を改善していきます。
あわせて自宅出来るストレッチをお話しします。

ご予約・お問い合わせ TEL:047-309-1779[完全予約制]

当院は完全予約制です。まずはお電話下さい!

メールフォーム
お客様の声 おかげさまでたくさんの方からうれしいお声をいただいております!
当院の特徴
料金のご案内

よくある症状

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 首痛
  • 腰痛
  • ギックリ腰
  • ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • その他の症状